眠れない日は目がかすむ。ぼやける。最近目を酷使しすぎてるかも…

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 情報・豆知識・雑談など

私は不眠症を患ってます。寝付けない日は眠ることを諦めてブログの作業に勤しみます。そんな日に目がぼやけ始めました。字がよく見えないんです。これは・・・老眼?まだ34歳(もうすぐ35)なのに?本気で焦り、FANCLの目のサプリメント「えんきん」を飲みはじめました。その効果報告も交えてます。

MUJINの新人漫画賞に漫画を送ったその結果発表。え?載ってる?

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧

エロ漫画を描き、「MUJIN」というエロ漫画雑誌に送りました。今回はその結果がどうだったか書いております。まぁ賞は無理だと思っていたんですが、せめて最終選考までには残って雑誌に私の名前や作品名だけでも載ってればなぁ~と思っておりました。

漫画家を目指す際にペンネームを考える。画数や姓名判断を使って…

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧

本名で漫画家をやれば自分の名前を死んだ後も後世に残すことができます。しかし本名がめずらしいとすぐ身バレしてしまう可能性があります。だから私はペンネームでしました。ゲーム「双界儀」からヒントを得て、あとは画数、姓名判断を駆使して真剣に考えました。そして「紫童 ふるべ」に決めたんです。歌舞伎役者みたいな名前だけど・・・。

完成した漫画をエロ漫画雑誌社「MUJIN」の新人漫画賞に送る

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧

2009年の3月に1作のエロ漫画を完成させました。その漫画をMUJINという雑誌に送ろうと思いました。漫画家というのは新人漫画賞で賞をとるか、担当編集者がつかない限りその道に進めません。今回は漫画を送る注意点なども少し解説しております。漫画家を目指す方は見てみてくださいね。

なぜ仕事が早めに終わっても定時まで帰ってはいけないのか?

情報・豆知識・雑談など

仕事が早めに終わってもなぜか就業時間までは帰っちゃダメ。今日の仕事はすべて終わった。掃除も整理整頓も必要以上に行き届いている。これ以上はやることがない。こうなったらもう帰ってもいいでしょ?時間の無駄だと思うけど。今回は私の昔からの疑問についてお話しした内容です。

私の3作目の漫画「生きていれば」 渡かいと

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧

渡かいと、3作目の漫画「生きていれば」公開します。この漫画は2009年3月~4月にかけての約1ヵ月で描き上げた漫画です。1、2作目を描き直して描いたので前作、前々作と内容が酷似しております。ちなみにエロ漫画ですので18歳未満の方はご注意をばお願いします。

「地獄戦士 魔王」少年ジャンプ黄金期に潰された苅部誠の名作

私のおすすめ漫画、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など

苅部誠先生作の「地獄戦士(ヘルズ・ウォリアー)魔王」という漫画を紹介します。このギャグ漫画は週刊少年ジャンプの「黄金期」と言われてる黄金時代に連載された漫画で人気があったにもかかわらず打ち切りとなってしまいました。本当にもったいない漫画だと思います。私的にお勧めな作品です。本当に漫画家って運だよなぁ・・・。

岩村俊哉のギャグマンガ「電撃ドクターモアイくん」お勧めです

私のおすすめ漫画、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など

月刊少年ガンガンで連載されていたギャグ漫画「電撃ドクターモアイくん」という漫画を紹介します。クセが強く、万人受けはしないと思いますが好きな人には笑ってもらえる漫画です。主人公が「ホモ」で「鬼畜」で「小学生で医者」だというかなり変わった設定の主人公です。キャラクターも皆頭がおかしく(良い意味で)笑えると思います。

普通の漫画を描きたいのにエロ漫画家を目指す。人間の感情を描きたい!

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧

私はまずエロ漫画家になろうと思った。エロ漫画描きながら収入を得つつ、ある程度画力を上げたら普通の漫画家に転向しようと思ってた。まったく甘い考えだ。そして私は「スカイハイ」という漫画の模写をしだした。この漫画はキャラクターの表情がすごいのだ。私もこんな漫画が描きたい!私の漫画家目指した話の・・・〇話目とかの話数数えるのもうやめました。

あらゆる体調不良を改善する水溶性珪素「レクステラ」買いました

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 情報・豆知識・雑談など

松久正という方が現代人の「珪素不足」を懸念しておられます。珪素は頭痛、肩こり、倦怠感、不眠症、めまい、イライラなどの不定愁訴となる自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、ストレスによる血流の滞りなどを改善する可能性を秘めています。そして肌荒れなどの美容にも効きます。今回はその「レクステラ」という商品を私が買ったお話しです。

ページの先頭へ