前回の記事「描いた漫画をブログに載せるためスキャナー買った。しかし・・・

 

この記事には私、渡(わたり) かいとの第1作目となる漫画の「生きぬければ」(タイトル)という作品を載せております。23P(ページ)あります。

この漫画はたしか2008年の11月~12月にかけての約1カ月間で制作した漫画です。

完璧に手探りで描いた初めての漫画です。

恥ずかしいですがどうか読んでみてください。

それと前回の記事で書きましたが私は間違って最大用紙サイズ「A4」のスキャナーを買ってしまいました。

漫画の原稿用紙は「B4」です。

なのでこの漫画は端の方が所々見切れてる部分がありますが、なんとか読めるようにはしたのでたぶん問題ないと思います。

それと画像がつぶれたり、表示がおかしかったらこの記事のページをもう一度開きなおすと上手く表示できる・・・と思います。

 

 


*この漫画は消しました

 

この漫画は2017年 10月に一部(エロシーン)を消さざるをえない事情ができました。

 

その事情を説明してる記事「このブログで公開している私が過去に描いたエロ漫画を消します」

 

なのでこの漫画はエロ漫画ではありますが、そのエロシーンが丸々削除されております。

申しわけありません。


 


 

生きぬければ

 

生きぬければ 1

 

生きぬければ 2

 

生きぬければ 3

 

生きぬければ 4

 

生きぬければ 5

 

生きぬければ 6

 

生きぬければ 7

 

 


 

この間にあった8ページのセッ〇スシーンは削除されております。

 

・・・無念だ。

 


生きぬければ 16

 

生きぬければ 17

 

生きぬければ 18

 

生きぬければ 19

 

生きぬければ 20

 

生きぬければ 21

 

生きぬければ 22

 

生きぬければ 23

 

恥ずかしいわ~

 

い・・・いかがだったでしょうか?

もうなんというか・・・本当にひどかったと思います。

私はこの漫画を2008年末に描いていたわけですが、友人は横で私の描いている漫画を見てこう思ったそうです。

(こいつ正気か!?)・・・と。

こんなひどい絵で漫画家に・・・しかもエロ漫画家になるというのです。その正気を疑うのは当然でしょう。

もちろん私も自分の作品の酷さは充分自覚しておりました。でも・・・こんなはずじゃなかったんです!

本当はもっとうまく描けるはずだったんですよ!

ですがいろんな誤算が私を襲ったんです!

 

まず絵の模写をしまくっていれば画力はどんどん・・・それこそ制限なく上がっていくものだと思ってたんです。だから模写をどんどんやりました。

ですが蓋を開けてみれば・・・模写で上手くなるのは模写だけだったということ。

考えて描く力はほとんど身につかなかったということ。

これは最大の誤算でした。

 

それと漫画を原稿に描くということはただイラストを描くのとは違い、いろいろと難しい要因が詰まっていたということ。

パースだとか、コマの中に絵を描くことの難しさだとか・・・あとペン入れですね。

私のペン入れは素人もいいとこ。

しかもペン入れが上手く描けるようになる要因がわからなかったため、これから先このペン入れについてず~っと悩むことになるのです。

だれか指導者がいてくれれば・・・こんなに長い期間悩むことはなかったんでしょうけどね。

 

 

この漫画は未完成

 

読んで気づかれた人もいるかもしれませんがこの漫画は未完成です。

マからはみ出た線や擬音(ドカッ! バキ! などの漫画的効果音)の字にはみ出てる線などをホワイト修正していませんし、なによりこの漫画にはスクリーントーンが貼ってありません。

本当はこの後スクリーントーンを貼って完成させてから雑誌の新人賞に応募しようと思ってたんですが・・・やめました。

やめた理由は言うまでもなくこの漫画がひどかったからです。

ひどい絵だったからペン入れ終了時に完成させる気が失せてしまったんです。

この「漫画を完成させる気が失せる」というのはいろんな漫画家志望の方が経験あると思います。

次回の記事ではそのことについて私なりにちょっとお話ししたいことがあるのでそれを書こうと思います。

私の漫画を最後まで読んでくれて本当にありがとうございました。それではまた次回の記事でお会いしましょう。

あと15作もあるんだよな・・・。私の駄作漫画・・・。

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「漫画家志望者で1作でも漫画を完成させたことがある人は何%か?」