前回の記事「2019年の抱負。YouTubeの進出はやめてブログで頑張ってみます」

 

どうも。 渡かいとです。

 

前回の記事で「2019年の抱負」を語ったんですが、今回の記事は、前回で語りきれなかった補足的な記事となっています。

今年、この「リネイシア」というブログで何をするかを、もう少し話させてください。

 

ブログのpvがどんどん落ちていく

 

まず先に言わなければならないことがあります。

このブログはもうダメっぽいです。

このブログだけでなく、もう一つのブログも。

 

私は2つのブログをやってるんですが、そのブログは去年の8月から、ガクッとpv数(読まれてる数)が落ちたということは、去年の記事でお話ししました。

 

その記事

なぜブログのpvが急激に下がったのか? サイトの検索順位が下げられた

 

その落ちたpvなんですが、毎月どんどん下がり続けてます。

2つのブログ両方です。

 

ブログ・サイトは、検索で上位表示されないと人が来ません。

上位表示とは、例えば「にきび 治し方」で検索したとして、にきびに関係した記事がズラーッと出てきますよね?

 

 

出たら皆さん、一番上の記事から見ていくはずです。

その記事に満足できなかったら、一つ下の記事へ。

その記事にも満足できなかったら、さらに下の記事へ。

そうやって一番上から、下へ、下へと見ていくはずです。

 

 

だから上に表示されるようになった記事ほど、たくさんの人に読んでもらえる記事になります。

この、上に表示されることを「上位表示」といいます。

 

上位表示されるにはどうすればいいかというと、Googleに気に入られること。

GoogleのAIから、「この記事は読みごたえがある」と判断されれば、上位に表示されます。

 

逆にGoogleから嫌われたら、記事は下の方に表示されてしまいます。

下に表示されればされるほど、人はほとんど来なくなります。

 

つまり私のブログは2つとも、Googleから嫌われだしたということ。

 

リネイシアは、去年の3月までは1日3,000pvを超えてました。

それが今では、1日300pvいくか、いかないかにまで落ちました。

もう一つのブログは、1日400pv超えてたのに、今では1日50pvくらいです。

 

やっても、やっても落ちるだけ。

 

・・・もうダメだ。

 

 

Googleから嫌われた理由

 

なぜGoogleから嫌われだしたのかというと、理由は・・・ハッキリとしたことはわかりません。

しょせんAIが判断することなので。

 

一応理由は調べてみました。

これが正解かはわかりませんが、どうやらGoogleは去年の8月から、

 

「検索から来た人を満足させる記事を書いてるサイト・ブログを上位表示させる」

 

というふうにしたっぽいです。

 

どういうことかというと、ネットで検索する人って、ほとんどの人が「何かに困った人」だと思います。

 

「明日お葬式があるんだけど、どういうふうにすればいいんだろう?」

「面接があるけど、履歴書の書き方はどうだっけ?」

「受験勉強の有利なやり方は?」

 

このように、困ったことや知りたいことを「教えてGoogle?」って感じで、たずねるように検索かけるはずです。

なので、こういった困った人にレクチャーする記事を量産してるブログやサイトほど、Googleは気に入りだしたようです。

 

では私のブログは・・・?

 

例えばこの記事、

 

少年ジャンプなどの雑誌企画で行ってみてほしい「ネームリレー」

 

「少年ジャンプなどの雑誌企画で行ってみてほしい「ネームリレー」」

 

この記事はもう、ほとんど誰も読んでません。

けっこう頑張って絵やネームも描いて作った記事なんですが、ほぼ誰も読んでません。

 

だって検索から人、まったく来ないんだもん。

 

「少年ジャンプ 雑誌企画」

「少年ジャンプ ネームリレー」

 

とかで検索かける人なんていないんだもん。

そりゃ検索からは来んよ。

だからもう、誰も読んでない。

 

 

他にもこういった記事、

 

漫画もゲームも映画も、世界観が複雑だと見る気が失せるよね

 

「漫画もゲームも映画も、世界観が複雑だと見る気が失せるよね」

 

この記事も、「漫画 世界観」「ゲーム 世界観 複雑」とかで検索する人なんてほとんどいない。

 

こういった私の体験談や、考察みたいな記事ばーっかり書いてきたから、検索からは人は来ないし、そんな記事ばかりのブログは、Googleから「必要なし」だと判断されたっぽい。

 

Googleが必要とするのは、「読者を満足させる記事」

 

つまり、読者にレクチャーする記事を量産してるサイト・ブログ。

 

 

だからリネイシアで、この記事なんかは人が来てくれてます。

 

定規を使ってペンで線を引くとインクがにじむという方へ

 

これは定規で線引いたら、インクが定規についてひどいことになっちゃったっていう、漫画家目指す人あるある。

 

 

 

たいして面白味もない記事を書いてしまったと思ってましたが、需要はけっこうあったようです。

 

最近はデジタルで漫画を描く人が増えましたが、アナログで描くと、いろいろと予期せぬことで頭を悩ませることになります。

なので、こんな初歩的なことをレクチャーしてる内容でも、人は検索して来てくれるようです。

だったらそういった記事を量産すればいいのでしょうが、そうするとこんな記事ばかりになってしまいます。

 

「つけペン 線の引き方」

「おすすめのつけペン」

「スクリーントーンの貼り方」

「ホワイトのかけ方」

「顔の描き方」

「髪の描き方」

「体の描き方」

「手の描き方」etc…

 

 

これは・・・どうなんだろう?

もうこれじゃブログっていうより、サイトだよ。

 

でもいずれこうするかもしれない。

本当に煮詰まったら。(もう煮詰まってんだけど)

 

紹介できない本・漫画

 

前回の記事では、「いろんな本や漫画を読んで記事にしたい」

そんな今年の抱負を語ってました。

 

その言葉に嘘はないんですが、でもそれだと、ちょっと困ったことが起きました。

本・漫画には、当たり外れがあるんです。

 

できるだけこの「リネイシア」というブログでは、読者の方々に有益となりそうなおすすめな本・漫画だけ紹介しようと思ってました。

だからハズレな本や漫画は、紹介するつもりはありませんでした。

でもそれだと、なかなか記事が書けないんです。

 

 

例えばこの本、

『編集 悪い本ほどすぐできる 良い本ほど難しい

 

 

なんか当たり前なことを言ってるタイトルですが、私は「編集者」というものにも興味が湧き、こんな本も読んでいました。

この本・・・400ページもありました。

で、読んだ感想。

 

・・・面白くなかった。

 

 

作者は80歳を過ぎた、かなりお年を召した人。

なので、「最近の若者はなっとらん!」みたいなノリで、「最近の編集者はなっとらん!」みたいな説教じみた本だったんです。

勉強になることも書いてあったのですが、ブログを読んでくださっている方々が楽しんで読めそうかというと・・・そこは疑問。

なので、1記事かけて紹介するのはやめることにしました。

 

 

400ページ読んだ時間が、ブログで使えなかった。

本を読んでるときは、「どういうふうに記事にして紹介しようか?」と考えながら読んでるので、読むスピードは非常に遅いです。

なので、読んだ本が空振りだったときは痛い。

 

漫画もそう。

Amazonで興味を惹かれるような漫画を見つけては、買って読んでたんですが、いくつか「紹介するのはどうだろう?」という漫画もありました。

 

 

読んだ時間が使えないのが痛い。

というわけで、ちょっと考え方を変えました。

 

これからは記事の質を落とします。

 

漫画を紹介する理由

 

この「リネイシア」というブログは、記事の文章量が非常に多いです。

一つ一つの記事が非常に長い。

ブログでは、一つの記事で1,000文字超えれば良い方だといわれてますが、リネイシアは一昨年くらいから、3,000~8,000文字くらいになってます。

ブログにあるまじき長さです。

 

もう少し、質を落とそうかと考えてます。

どうせ長い記事書いても、Googleの検索では下になっちゃうので。

 

 

読んだ漫画も、厳選せず紹介しようと思います。

つまらなくても、一応紹介しようと思います。

もう、片っ端から漫画の紹介をしようかと考えてます。

私の家にある漫画は、全部紹介するような勢いで。

 

理由は、漫画の紹介記事の方が読まれる記事になるから。

 

 

例えばこの記事、

 

ドラクエ4コマで有名な新山たかしの半熟忍法帳!おすすめ漫画

 

これなんかは、かなりのマイナー漫画なのですが、根気よく読んでもらえてる記事になってます。

 

「新山たかし」

「ドラクエ4コマ 新山たかし」

「新山たかし 半熟忍法帳」

 

とかで検索する人がいるからです。

 

漫画の紹介なら、記事のタイトルに「作者名」「漫画タイトル名」を載せておけば、検索に引っかかりやすくなります。

私の体験談や考察記事なんかより、よっぽど読まれる記事になるのです。

 

やっぱね・・・書いた記事がすぐに読まれなくなるのはつらい。

前回の記事なんかも、私の今年の抱負を語った記事だから、読まれるのはほんの一週間だけ。

あとはほとんど読まれることはない。

7ページもオマケ漫画描いたのに、すぐに読まれなくなるのだ。

 

今皆さんが読んでくださっているこの記事も、すぐにそうなる。

考察や体験談が書きたいけど・・・しょうがないよね。

 

更新速度を上げるために

 

これからは記事の質を落とす・・・かもしれません。

そのかわり、記事の更新速度をもう少し上げようかと考えてます。

私は今、2つのブログを毎週1記事づつ更新してるんですが、もうちょっと上げたいと常々思ってました。

なので空振りだった漫画や、私の家にある漫画を紹介することで、もう少し更新速度を上げられると思うんです。

ユーチューバーの動画のように当たり外れあっても、とにかく投稿していこうかと。

 

それと、これから「漫画の描き方関連の本」も紹介していこうかと考えてます。

私が漫画家を目指してた頃に買った書籍などが家にいくつかあるので、それらもほぼ全部紹介していこうかと考えてます。

 

 

しばらくはそれでやってみます。

まだまだ迷走するかと思いますが、よろしければ今後も読んでくださいませ。

それでは、また。

 

 

追記

 

※ここから下は、日を改めて書いた内容です。

 

 

今回の記事で、私のブログのpvが落ちた理由は不明だと言いましたが、理由がわかりました。

 

私のサイト、Googleからペナルティくらってました。

 

じつは私、ブログの記事をけっこう書き溜めしてまして、前回と今回の記事を書いたのが2018年11月なんです。

「今年の抱負」とか言っときながら、書いたの去年なんです。

 

で、2018年12月に私のサイトがペナルティくらったのわかって、この記事を投稿する2019年にこの「追記」の情報書き加えてます。

「Googleのペナルティって何ぞや?」って人も多いでしょうが、そのあたりのことも含めて、また記事にして説明します。

 

「今年は本や漫画の紹介をする」と言いましたが、しばらくいろいろあった出来事を記事にしてお話しすることになると思います。

ブレまくっててすんません。

 

 

 

次の記事「ストレスが原因で、M字ハゲになっていく私の体験談」