前回の記事「ipadで液晶ペンタブのように絵が描けるか?描いてみた

 




 

ブログは時代遅れ。これからは動画の時代

 

ブログというのは芸能人の方がやるならともかく、一般人の方が「人気者になりたくて」一から始めるには敷居が高い。

私はこの「リネイシア」というブログをはじめて2016年の1月の段階で約3ヶ月たった。たった3ヶ月で「ブログは時代遅れ」などと偉そうなことをほざくのは一応の理由がある。

皆さんは「ネットサーフィン」という言葉はご存知だろうか?

ネットにつないで気になった言葉やテキトーな言葉で検索かけて、何かおもしろそうなサイトやブログを見つけたり、良さそうな商品を見つけたりすることだ。

 

ネットという大海にダイブしてダラダラといろんなものを見るのは面白く、つい時間を忘れてしまうほど集中してしまうものだ。

昔はパソコンを持ってる人はよくこれをやったと思う。でも今は携帯やスマホでもネットとつながることができるのでパソコンに頼らずともネットサーフィンができるようになった。

じゃあネットサーフィンをしている人は昔より増えたか?というと、ちょっとちがう。

 

暇つぶしに検索をかける場所はGoogleやYahoo!のような検索サイトではなくYouTubeやニコニコ動画のようの動画検索サイトなのだ。

つまりほとんどの人が「何かおもしろそうなブログやサイトはないかしら?」から「何かおもしろそうな動画はないかしら?」に変わったのだ。

ニコニコ動画

私もYouTubeやニコニコ動画は毎日見てる。もう日課になっている。なかでも「ゲーム実況」というのが大好きだ。

ゲーム実況とはプレイヤーの人がゲームをプレイしながらそのゲームプレイを実況する。あるいはダラダラと雑談する動画だ。

そんなのがおもしろいの?と思われるかもしれないが、これが意外に面白い。

ゲーム実況

私がプレイしたことないゲームの実況は(私は)あまりおもしろいと感じないが、私がプレイしたことのあるゲームの実況はおもしろいと感じる。

「そういうプレイの仕方があったんだ」とか「そんなボスの倒し方があったなんて」など、新しい発見があったり、上手い人のプレイは参考になるし、下手な人のプレイは笑えるしで楽しい動画だ。

もちろん「実況」と名のつくものだから話術あってのおもしろさだが。

で、私はこのゲーム実況でブログを始める前は不思議に思っていたことがあった。

ゲーム実況は再生数が伸びる人は本当に伸びる。数万や数十万。なかには数百万再生を一つの動画で達成するモンスター実況者もいる。そんななか、再生数が100や200くらいしか稼げない人も山ほどいる。

で、不思議に思っていたのが再生数が全然稼げないのにpart40、part50と投稿を続けている人たちがいたことだ。

そういう人達を見て正直「よくつづけてられるな。モチベーションはどうやって保ってるんだろう?」と思った。(言い方悪くて本当にすいません!)

 

しかしブログをはじめて考えが変わった

 

さっき言った再生数100や200というところが、私が「これからはブログではなく動画の時代」と思った点だ。

今あなたが見てくれている私のこのブログのこの「ブログは時代遅れ~」という記事は私のブログの24記事目になる。私はこの「リネイシア」というサイトで約3ヶ月で24記事投稿した。

ブログは毎日投稿するものといわれているので3ヶ月で24記事は少ないと思うが私はもう一つサイトを運営している。

そちらの方は一応副業用で(全然ダメだが)そっちはほぼ毎日投稿していて今現在約3ヶ月で60記事を超えた。

で、私のこの「リネイシア」のサイトに1日何人くらい来てくれるかというと約8~10人くらいだ。

1つの記事に8~10人ではなく24記事全部で8~10人だ。

もうひとつのサイトは1日約4~6人だ。

メインでやってるサイトの方が少なくて、趣味でやってる方が人が来てくれるんだから笑っちゃう。

でも一番見てもらえる記事でも総閲覧数は100もいってない。3ヶ月やって100もいかないのだ。

ユーザー数

 

「それお前のブログがおもしろくないだけだろ?」と思われるかもしれないが、おもしろい、おもしろくない以前の問題なのだ。つまり、私のブログの存在すら知られていないのだ。

一応私なりにブログ運営のことは勉強していてSNS(ツイッターやフェイスブックなど)で宣伝したり、SEO対策、キーワード選定とかやってはいるが3ヶ月で結果はごらんのとうり。

だから今ならこう言える。「YouTubeは再生数100や200ももらえるのか!?」・・・と。

しかも何気なく投稿した動画が比較的早い段階で数百再生は軽くいく。つまりYouTubeは「とりあえず見てもらえる可能性が高い」のだ。

見てもらえる要因の一つとして再生した動画の下や横にその動画に近い種類の「関連動画」がズラッと出ることだろう。

YouTubeの関連動画

これが見てもらいやすい最大の要因だと思う。ブログにはそんなのないし。

 

今からブログやってみようかな?と、考えてる方

 

これからブログをやってみようかな?と考えてる方。人気になりたいのならまずは動画を作ってYouTubeに投稿することをオススメする。

そしてあなたの動画のファンができたらブログをやって、そのブログにファンの方達を呼び込む方法がいいと私は思う。

じゃあなぜ私が今も時代遅れだと感じるブログしかやってないかというと、

・・・・・

長くなりそうなので次回の記事でそれを語ろうと思う。興味ないかもしれないが見てくれると嬉しいです。

ゲーム実況

ゲーム実況

ゲーム実況

ゲーム実況

 




 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「漫画編集者の漫画を見る目は本物か?才能のない私の負け犬の遠吠え