前回の記事「「ぼくのなつやすみ」はゲーム実況者には最適なゲーム?」

 

この記事を投稿した段階で(2016年 4月末)この「リネイシア」というブログを始めて約半年がたちました。

そこで今回はこのブログの約半年間をふりかえってみようと思います。

どうかお付き合いいただけたら幸いです。

 




 

このサイトの「リネイシア」ってどういう意味?

 

リネイシア

 

このサイトは「リネイシア」という名前だが、本来リネイシアという言葉は存在しない。(たぶん)

なぜなら私が作った造語だからだ。

なぜそんな言葉を私のサイトのタイトルにしたかだが、最初私はサイトのタイトルを「漫画家をあきらめたオッサンのブログ」にした。

私は漫画家を8年間目指し、そして諦めた身だ。その人生を書こうと思った。

だからタイトルもブログの趣旨をわかりやすくするためにそんなタイトルにした。

しかしここで問題発生。

そのタイトルでは検索から私のブログにたどり着けないのだ。

 

GoogleやYahoo!の検索から「漫画家をあきらめたオッサンのブログ」と入力して検索してみると類似したタイトルのサイトがズラッと10万件以上も出たのだ。

その10万件以上の中から私のサイトを探さなくてはならない。

作ったばかりの私のサイトは当然Googleからの信頼も薄い。

10万件の中の9万9千9百件目くらいに表示されているだろう。

たどり着くのは不可能だ。

 

もちろんURLを正しく入力すればたどり着くことはできるが、友人や知り合いに「ブログ始めたよ~このURL入力して。」と、長ったらしいローマ字のURLを入力してブログを見てくれる人は果たして何人いるだろうか?

ほとんどの人がめんどくさがって「あ~・・・また今度ね」となる。

だからパッと入力してパッと来れるサイト名じゃないとダメだと思ったのだ。

しかしGoogleに登録されている言葉など山のようにある。

作ったばかりの私のサイトが検索の上位に表示される言葉なんて・・・ん?まてよ?

ここで思いついたのが存在しない言葉だった。

 

テキトーな言葉を作って検索をかけてみる。

すると「該当するキーワードがありませんでした。キーワードを変更して再度検索してください。」と出た。

表示される件数も当然0件だ。

この言葉を私のサイト名にして検索すれば私のサイトしか出ないんじゃないか?

その言葉がリネイシアだった。

だからリネイシアで検索すれば私のサイトしか出ない。(今は・・・どうだろう?)

友人にブログを紹介するときも「リネイシアで検索して」で、すぐに見てもらえるのだ。

 

ブログって何書きゃいいの?

 

私はブログを書いたことがなかった。読んだこともほとんどない。

ただ日記的なことを書くことだとはわかっていた。

参考にいくつかのブログを見てみる。

内容は・・・

「今日〇〇行ったよ~!すっごく楽しかった!」

「今日の晩ご飯は〇〇!熱くておいしぃ~♡」

「私の子供の〇〇ちゃんはほっぺたプニプニ! ママの真似してかわいい~♡」

 

・・・で?

 

書いてある内容のほとんどが「行ったとこ」「食べたもの」「買ったもの」「今日の仕事の内容」「子供の可愛さアピール」と、自分のことや自分の家族のことばかりだ。

それって他人が読んでおもしろいんだろうか?

芸能人のブログならファンの人はその芸能人の私生活を垣間見れるから楽しいだろう。

私もイチローさんのファンだからイチローさんのブログならぜひ読んでみたい。

 

イチロー

 

しかし一般人の・・・ましてやどこの誰ともわからないオッサンの私の私生活など読んでいったい誰が楽しめるというんだろう?

それに今はツイッターやフェイスブックがある。

そういう内容こそSNSの出番じゃないんだろうか?

 

う~ん・・・私の私生活はともかく、たどってきた人生くらいは書いていってもいいかな?

そこに共感してくれる人もいるかもしれないし。

 

投稿してだんだんわかってくる人気が出る記事、出ない記事

 

最初はブログを書くことに慣れるためにどうでもいいであろう漫画家を諦めた私のその後の人生を書き続けた。

 

1記事目「漫画家をあきらめたオッサンのブログ」

2記事目「まんが家王に俺はなる!!・・・だめ・・・無理・・・」

3記事目「漫画家?夢? あきらめるよ。働きます。・・・はぁ」

4記事目「履歴書の書き方(悪い例) 会社の選び方(悪い例)」

5記事目「面接に身だしなみを整える。これは基本だ。面接は外見だ」

6記事目「コミュニケーション(コミュ力)を鍛えよう!面接でいかせ!」

7記事目「面接の予行練習してますか?しないと私みたいになりますよ」

8記事目「眠りたいのに眠れない不眠症。頭おかしくなりますよアレは」

9記事目「眠りたい。眠れない。だれか・・・今すぐ私を殺してくれ」

10記事目「履歴書の資格の欄がスッカスカだ。資格と自信がほしい!」

11記事目「フォークリフトの免許をとった私の体験談です」

12記事目「フォークリフトの資格をとるため実技に挑戦するオッサン」

13記事目「フォークリフトの試験、実技の延長なので難しいことはない」

14記事目「バイト選び、漫画家を諦めた不眠症のオッサンが選んだのは・・・」

15記事目「クロネコヤマトのバイト面接・・・舐めてました」

 

これらの記事に人気は出なかった。しかしそれは予想どうり。

ブログを書くことにも慣れてきたしブログって色々なことが書けるな。

だったらあのことも記事にしてみようか? と、私が宝くじで大損したことを書いてみた。


 

16記事目「宝くじ、ミニロト、ロト6について教えます」

17記事目「ロト6 私の体験談です。この買い方で当たるか?否か?」

18記事目「ロト6当たった人います?私の買い続けた記録を見てほしい」

 

これがけっこう人気が出た。

宝くじを説明している16記事目はともかく、実際に買いつづけた私の体験談の17、18記事目が人気が出た。

やはり宝くじに興味がある人は多いようだ。

20万以上損した甲斐があった・・・かどうかはわからないが。


 

19記事目「マイナンバーの新制度を考えた。これで景気上昇・・・か?」

 

これはマイナンバーと宝くじをミックスさせた制度について考えた記事だ。

・・・これはアカンな。私自身読み返すのもめんどくさく感じる記事だし。


 

20記事目「ブログの宣伝、集客には今やSNSが一番?やってみた」

 

ブログをツイッターやフェイスブックで宣伝すれば一気に人気が出たと言っているブロガーさんが多かったので私も使ってみたという記事だが・・・

これもまったく人気は出なかった。


 

21記事目「ユーチューブに動画を作って投稿しよう。何の動画を作ろうか?」

 

書いている内容が中途半端な記事。これもダメダメでした。


 

22記事目「ワコムのペンタブレットてどう?初心者だからわからん。使ってみた」

 

パソコンで絵が描きたかったからワコムのペンタブレットを買っていたんだが、はっきり言って私には使いにくいと感じたので押し入れにしまっていた。

でもこれ記事になるんじゃね? と使い心地を書いてみた。

この記事は宝くじほどではないが人気が出た記事だ。

1万円以上の買い物も損ではなかった・・・かな?


 

23記事目「ipadで液晶ペンタブのように絵が描けるか?描いてみた」

 

ペンタブが使いにくかったのでipadで絵が描けるんじゃないか? と試した記事。

これもそこそこ人気が出た。

ipadで絵を描くため休みの日、1日中使い方を勉強した甲斐があった。


 

24記事目「ブログの初心者でブログを始める。始めようとしている人に忠告」

 

ここでブログを始めた手ごたえみたいなのを書いたが・・・これも内容は中途半端。

人気は出なかった。


 

25記事目「漫画編集者の漫画を見る目は本物か?才能のない私の負け犬の遠吠え」

 

これは漫画の編集者の方々に喧嘩を売るような記事だが私がどうしても書きたかったことだ。

本当はもっとガッツリ言いたいことがあったが・・・結局ビビりな私は内容をオブラートに包んでしまった。

しかしそこそこ見てもらえる記事にはなった。


 

26記事目「私が漫画家になりたいと思った理由。つまらない人生からの脱出」

27記事目「夢は漫画家!でも働きたくない!社会人から夢を目指す難しさ」

 

私が漫画家を目指しはじめた理由だ。

私自身のことなので人気は出ないだろうなと思っていたが・・・

うん。人気は出なかった。


 

28記事目「頭痛、めまい、吐き気、不眠、ボケ。私の地獄のような体験談」

 

私の20代は地獄だった。

この記事も人気は出なかったが私がどうしても書きたかったことだ。

だから書けただけで満足だった。


 

29記事目「ドラクエ4コマで有名な新山たかしの半熟忍法帳!おすすめ漫画」

 

私自身のお気に入り漫画、ゲームなどをいつか紹介したいと思っていた。

で、そろそ紹介しはじめようかなと思い大好きな漫画の「半熟忍法帳」を紹介してみたが・・・これが予想以上に見てもらえる記事になった。

どうやら「新山たかし」で検索したら比較的上位にこの記事が表示されるようなのだ。

しかし人気があるか?といわれると・・・

う~ん・・・微妙です。


 

30記事目「絵が上手くなるためには模写だ!そう信じ模写を続けた5年間」

31記事目「模写をする意味はあるのか?絵は考えて描かないと上達しない!」

32記事目「絵の練習、勉強は模写から!絵の歪み、デッサンの狂いがわかる目を」

33記事目「絵の描き方は手が覚えていく!絵の描き方を覚える方法」

34記事目「絵が上手くなるための方法がこれだ!絵が上達するベストな勉強法!」

 

ここいらで私が絵の勉強をしつづけ、絵が上手くなる方法の「結論」みたいなのを連続して投稿した。

正直この記事は自信があったんですが・・・

う~ん微妙。


 

35記事目「ナルトとは違った面白さをもった忍者漫画「ムジナ」おすすめ!」

 

またおすすめ漫画を紹介してみた。

半熟忍法帳の記事がけっこう人が来てくれる記事になったから漫画を紹介する記事は人気が出やすいと思い投稿してみたが・・・

そうでもないみたい。


 

36記事目「中年のオッサンが1人寂しくゲーム実況なんか始めました」

37記事目「「ぼくのなつやすみ」はゲーム実況者には最適なゲーム?」

 

で、これが私がゲーム実況を始めたという記事。

これも・・・ダメですな。

 

今のとここんな感じです。

やはり私自身が実際に体験した体験談が人気が出やすいように気がする。

やっぱり体験談は説得力があるのかな?

 




 

6カ月でたった38記事にはわけがある

 

ブログは毎日更新するものだといわれているが私はとてもじゃないが毎日なんてできない。

最初の頃は週に3,4回の投稿はしていたが、今は週に1回の投稿に落ち着いている。

なぜ週に1回しか投稿できなくなったかというと、まず最初の頃の記事は文字数が少ない。

だいたい500~700文字くらいの記事にしてた。

だからチャッチャッと作れるし投稿も早かった。

しかし途中から文字数を増やし今では2800~4000文字くらいの記事になっている。

最初の頃の5~8倍くらいになった。

別に意図的にこれくらいの文字数にしているわけではない。

書きたいことを書いていったらだいたいこれくらいになるのだ。

 

私はブログの記事をまずノートに下書きする。

頭の中で書きたいことをざっと考えてからノートにズラズラ書いていく。

そしてそのノートを見ながらパソコンに文字をうちこんでいく。

そんな感じで作っている。

1度友人がそのノートを見て文字の羅列に引いていた。

「オレ絶対そんなめんどくさいことできないわ~」と。

私はけっこう楽しんでやれてるんだけどなぁ。

 

リネイシア ノート

 

とまぁ文字数が増えた分当然1つの記事に費やす時間も増えたわけだ。

そしてもう1つ時間がかかる理由はだ。

私はブログを始めるとき、1つの記事につき最低1つは絵を描こうと決めていた。

だから最初の頃は1つの記事に1つか2つの絵を描いていたわけだが、いつの間にかただの絵ではなくおまけ漫画を描くようになっていた。

それも最初は2コマくらいの漫画だったのがだんだん増えていき今では6コマくらいになっている。

当然これも時間のかかる作業だ。

 

リネイシア おまけ漫画

 

1つの記事に費やす作業時間はかなり増えた。

だから週に1つの記事が限界だ。

 

そのうえ私の働いている会社には連休というものがない。

盆休みもない。正月休みもない。GWも当然ない。

だからそういう理由もあって週に1記事が限界なのだ。

 

マジで休みほしい(願い)

マジで休みほしい(希望)

マジでお願いします(切実)

 

今後ものんびりやっていきます

 

最初の頃はだ~れも来なかったこのブログでしたが今は1日に50~100人くらいの人たちが来てくれるようになりました。

本当に嬉しいです。

 

リネイシア PV

 

しかし有名なブロガーさんにいわせるとその程度はブログ初心者を脱した程度のレベルらしいです。

マジですか?

しかし人が増えてくれていることは事実。

今後も週に1回は必ず投稿するように頑張りますので今後ともこの「リネイシア」をよろしくお願いします。

 

働きたくない1

働きたくない2

働きたくない3

働きたくない4

働きたくない5

働きたくない6

働きたくない7

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「ゲーム実況のやり方わからない。やってみた。機材準備編