前回の記事「マイナンバーの新制度を考えた。これで景気上昇・・・か?

 




 

ブログを宣伝するためにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使ってみた

 

ネットは今では数多くの情報で溢れかえっている。

なにか文字を入れて検索をかけるだけでポンッと出る。その件数、百万件や1千万件をこえる。

ためしに「ブログ」で検索してみた。出てきたその数約1億4千4百万件。

皆さんは私のこのブログにどうやってたどり着いたのだろうか?何と検索して私のブログにこれたのか。

この膨大な数のブログの中から私のブログにたどり着いたことはある意味奇跡と言えるのではないだろうか。運命を感じる。

 

今のネット社会で自分のブログに人を呼び込むのは至難の業だ。検索で人を呼び込むためには検索欄で上位表示させなくてはならない。

上位表示とは、さっきブログで検索したら1億4千4百万件出てきたといったが皆さんはどこから読むだろうか?ほぼ100%の人が出てきた件数の中、一番上の件名から見ていくのではないだろうか。

「私は5千4百万件目から見るー」なんて人はいないだろう。そこにたどり着くためには一体何回「続きを見る」を押さなければならないやら。

だから多くの人が検索で自分の記事が一番上になることを狙う。もちろん私もだ。これをSEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)対策という。

 

私も色々と勉強してその対策をしているつもりではあるが、なかなかうまくいかない。なので今ではSNSを使って人を呼び込むことが必要だ。ツイッターやフェイスブックなどがそれだ。

私もこの2つに登録して人を呼び込もうとした。・・・が、

 

なんかフェイスブックがおかしい

 

パソコンから文字を入力し、エンターキーを押すと文字が消えるのだ。

フェイスブック バグ

バグかと思い、すぐ改善されるだろうと思っていたが、この記事を書いている今現在(2016年 1月)でも改善されていない。

どういうことか調べてみたところ、どうやらWindows10を導入したパソコンでこの現象は起こっているらしい。

私のこのバグもWindows10を導入した時期あたりから起きているので、原因はそれで間違いないだろう。

フェイスブック以外のものに一旦文字を入力して、それをコピーしてフェイスブックに文字を貼り付けることでなんとか投稿は出来たが、次の日にはその投稿が消えているのだ。

こりゃダメだと思いフェイスブックは放置している。どうせ友達0人なので別に問題はないだろう。ははっ(乾いた笑い)

 

ツイッターをやってみた

 

フェイスブック同様に初めてなのでさっぱりわからない。つぶやくといっても何をつぶやけばいいのやら。私の今日のウ〇コの色でもつぶやけばいいのかしら?(すいません)

とりあえずブログの記事を投稿するたびに「更新したよ」とつぶやいていた。全くなんの反応もない。こちらから歩み寄らなければなにも始まらない。学校や社会と同じだ。こちらから勇気をもって話しかけないと友達なんて出来はしない。

 

オジサン勇気を出してフォローしてみた。するとフォローが返された。嬉しくなってさらに何人かの人にフォローしてみた。すると定期的にフォローされるようになった。今では毎日誰かしらからフォローされるようになった。

フォローしてくれる人は誰であろうと、どこの国の人であろうとフォローし返している。・・・しかし、

これはけっして私自身をフォローしてくれているわけではない。

 

彼らの目的もまた私と同じなのだ。私は自分のブログを知ってもらうため、私自身の存在を知ってもらうために片っ端からフォローする。フォローした人が私のつぶやきを見て、私のブログに来てくれることを願って。

彼らも同じなのだ。自分のブログやつぶやき、自分の存在を知ってもらうために片っ端からフォローしてる。そのフォローした人に、たまたま私が入っただけなのだ。私のつぶやきを見て、面白いからフォローしたわけではない。

 

しかしツイッターの拡散率はすごい。どんな形であれ私がフォローされているのは確かだ。今後もツイッターはやっていくだろう。

しかし、もっと色々つぶやいたほうがいいのかな?でもなぁ・・・なんかどうでもいいことをつぶやくのに抵抗がある。「それがどうしたの?」って感じだし。まぁそこらへんはおいおい。

 

 最大の集客法はやっぱりYouTube?

YouTube

ユーチューブを利用している人は本当に数多くいるだろう。今やこの市場はテレビをも超えているのではないかと思うくらいだ。

さまざまな企業がユーチューブを宣伝に使っている。しかしそれは企業だけではないのだ。そこらへんの一般人の人も動画を作り投稿しているのだ。

 

ユーチューバーという言葉をご存知だろうか?

ユーチューブに動画を投稿してお金をもらって生活している人のことだ。そう。ユーチューブは動画の再生数に応じてお金が貰えるのだ。(どんな動画でもいいというわけではない)

その魅力を感じ、今や中学生や5歳児までもが動画を投稿してお金をもらっているのだ。(5歳児は親が動画を撮って投稿している)

 

ユーチューブはこれからもっともっと広がり、さらに多くの人を取り込みモンスター市場となるだろう。私も乗ろうと思う。このビッグウェーブに。

え?ユーチューバーになるの?いや、ユーチューバーにはならない。もはや簡単になれるものではない。

それにあぁやって顔出ししていろんな無茶なことをして人を楽しませる度胸も話術も私にはない。

しかし漫画家を目指していたこともあって、絵なら多少は描けるので何か絵を描いてそれを動画にして私のブログの宣伝にできないだろうかと考えた。

 

漫画家を諦めた記事「漫画家をあきらめたオッサンのブログ

 




 

でも動画ってどうやって作るの?

 

今や学生たちがポンッと動画を作って投稿している。オジサンも遅れをとるわけには行かない。

ただ動画自体はクオリティが低くていいなら簡単にできるだろう。スマホをムービーモードにして撮ればいいのだ。大切なのはその後の動画編集だ。動画は編集しだいでクソにも名作にもなる。編集ソフトが必要だろう。

今や動画編集ソフトは無料で簡単に手に入る。

動画編集というものを体感するため、適当な編集ソフトをインストールして使ってみた。

Avi Utlや Avidemuxと、いくつか使ってみたが・・・う~む・・・なんとか出来そうな気は・・・する。最低限のことはできた。ただ、凝った編集となると・・・難しそうだ。

誰か教えてくれる人がいればいいが私の周りにそんな知識をもっている人間はいない。友人だって少ないし。しかし、その中でWindowsムービーメーカーは使いやすかった。説明文読まなくてもけっこう感覚的に使えた。Windowsムービーメーカーで動画を作るか?・・・いや、

 

有料ソフトはもっとすごいんでしょ?

 

無料でここまで使いやすいなら有料ソフトはもっと使いやすくて高性能なはずだ。

で、買いました。

パワーディレクター14

パワーディレクター14だ。マニュアルも買った。

色々調べてAmazonのレビューとかも読んで、このパワーディレクター14が一番評価が高くて、使いやすそうで高性能そうだったのでこれにした。値段も1万ちょっとと非常にお買い得。マニュアルを読む限りいろんなことができそうで使いやすそうだ。この買い物は当たりだね。

 

 

ん? 使ってみた感想? 使ってないよ?

 

絵を用意したらあとはマニュアル片手にぶっつけ本番でやるつもり。だぁ~いじょうぶ。大丈夫。

なんとかなる。(だから失敗ばかりの人生なんだ私は)

 

で、何を描くかは一応構想がある。それについては次回の記事で。

ユーチューブ

ユーチューブ

ユーチューブ

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「ユーチューブに動画を作って投稿しよう。何の動画を作ろうか?