今回の記事も前々回から引き続きゲーム実況のやり方を私の体験談で解説を交えて語っていきたいと思います。

前々回の記事ではゲーム実況に必要な機材を集めました。

 

前々回の記事「ゲーム実況のやり方わからない。やってみた。機材準備編

 

そして前回の記事では買ったキャプチャーボードについていたキャプチャーソフトの画質が悪く、映像もなめらかではなかったので多くのゲーム実況者さんが使っているキャプチャーソフトの「アマレコTV」を使ってみた内容になっています。

 

前回の記事「ゲーム実況のアマレコTVとは?ダウンロードから使ってみた

 

今回の記事ではお試しで作った動画をYouTubeとニコニコ動画に実際に投稿するとこから語っていきたいと思います。

 

私のゲーム実況 YouTube ニコニコ動画

 

 

YouTubeとニコニコ動画にはそれぞれ投稿できる動画の規定が存在する

 

YouTubeとニコニコ動画に動画を投稿するのは簡単だ。

まず自分のアカウントを作りYouTubeは「アップロード」という欄を

 

アップロード

 

ニコニコ動画は「動画を投稿する」という欄をクリックして投稿したい動画を選べばいい。

 

動画を投稿する

 

あとはタイトルを決めたりサムネイルを決めたりでOK。投稿完了するまで10分くらいの時間はかかるけど。

「もう少し詳しく説明しろよクソが」と思うかもしれないが本当にそれだけでOKなのだ。

私も動画を初めて投稿するときやり方がさっぱりだったので不安だったが拍子抜けするほどアッサリとできた。

しかしYouTubeはともかくニコニコ動画では問題が発生した。

 

私は自分の作った動画がYouTubeとニコニコ動画でどういうふうに視聴できるのか、画質は? 音質は? 私の声のボリュームは?

それぞれチェックするために2分くらいのお試し実況動画を作って投稿してみた。

YouTubeの方はとくに問題はなかったがニコニコ動画の方は画質がひどく、映像もカクついていた。

やはり一般会員ではダメか。

ニコニコ動画には一般会員とプレミアム会員がある。

一般会員は無料だがプレミアム会員は有料(月々540円)だ。

 

プレミアム会員

 

有料な分、一般会員よりも色々と条件が良く投稿面でも一般会員の投稿した動画よりも画質、音質が良くファイルサイズも100MBまでOKだ。

 

ん? ファイルサイズ? 何それ?

 

と思われた方、私もそうでした。

YouTubeもニコニコ動画も動画を投稿する既定の1つに動画容量の上限がある。

YouTubeは2GBまで。

ニコニコ動画は一般会員は40MB。プレミアム会員は100MBまでだ。

それ以上の容量の動画はエラーが出て投稿できない。

だから動画を既定の容量にするため「エンコード」する必要がある。

 

ん? エンコード? 何それ?

 

と思われた方、私もそうでした。

 

色々なルールにちんぷんかんぷんでした。

 

エンコードって何?

 

エンコードとは簡単に言うとファイルサイズを小さくするということ。

YouTubeは2GBまで。ニコニコ動画は一般会員は40MB。プレミアム会員は100MBまで。

その既定のファイル容量にするために動画をエンコード(圧縮)するのだ。

だいたいの動画編集ソフトでエンコードできる。

 

ちなみにファイルの容量の単位は小さい順からB(バイト)KB(キロバイト)MB(メガバイト)GB(ギガバイト)TB(テラバイト)の順に大きくなっていく。

さらに補足すると1024Bで1KB。1024KBで1MB。1024MBで1GB。1024GBで1TBだ。

 

「じゃあどんどんエンコードしまくってファイルサイズを小さくすればいいんだね?」と思われるかもしれないがそうもいかない。

エンコードでファイルサイズを小さくすればするほど動画の画質と音質は劣化していくのだ。

YouTubeの2GBはともかく、ニコニコ動画の100MB。そして一般会員の40MBともなるとかなり圧縮しないといけない。

 

アマレコTVで録画した動画は映像の質を下げないためにまったく圧縮をしない。

だから映像の質を下げずにそのまま保存できるが動画容量はかなりデカくなる。

私もためしに撮ってみたが10分の動画で4GB。20分の動画で8GBになった。

 

アマレコTV 動画容量

 

この8GBの動画をニコニコ動画の一般会員の40MBにぐぐーっと圧縮すると映像はもう見れたものじゃなくなるだろう。

だからせめてニコニコ動画に投稿するなら100MBはほしいと思った。

だから私は投稿するためプレミアム会員になった。月々540円か・・・。

 

難しいことは全部編集ソフトに任せちゃおう!

 

ここまでえらそーに解説していますが・・・正直私自身もよくわかってない部分が多いんですよね(爆)

だって難しい専門用語がいっぱい出てくるんですもん!

ビットレートとかCBRとかフレームレートとか・・・とにかくいっぱい!

私も動画を投稿するため専門用語を勉強しましたが覚えた先から忘れていくんですよね。

そんな私がなぜ今動画を普通に投稿できているかというと、動画編集ソフトがYouTubeとニコニコ動画に最適なエンコードをうまい具合にやってくれるんですよね。

私がもっている動画編集ソフトの「パワーディレクター14」でも

 

パワーディレクター14

 

ゲーム実況者の多くの人が使っている「AviUtl」という編集ソフトでも。

 

aviutl

 

だから小難しいことは皆さんも編集ソフトに任せちゃいましょう!(解説丸投げ!)

 

いよいよ投稿用の動画を録画!・・・しかし

 

動画の編集方法もよくわかっていないがもういいや。

あとは投稿しながら色々わかっていこうと思い「ぼくのなつやすみ」というゲームの投稿用動画を撮った。

 

ぼくのなつやすみ

 

今度は2、3分のお試し動画ではなく20分以上の動画だ。

最初は緊張しまくって編集中に頭の中が真っ白になってしまったので録画を切ってしまった。

気を落ち着けて再度挑戦。

最初は声が若干震えたがしゃべっていくうちに落ち着いていった。

しかしぼくなつのOP(オープニング)が終わり自分でキャラクターを操作する段階になるとすぐに違和感を感じた。

操作がしづらいのだ。

これもしかして・・・ラグ(遅延)が発生してる?

 

ラグとはたとえばスーパーマリオでプレイヤーが「マリオ!ここでジャンプしろ!」と、ジャンプのAボタンを押してマリオがジャンプする間に若干の間が空くこと。

この間をラグという。

つまりこちらがコントローラーで操作してキャラクターがその操作に反応して動いてくれるのに若干の時間がかかるということなのだ。

 

ちなみに「機動戦士ガンダム」でもアムロ・レイの驚異的な反応速度と操縦テクニックにガンダムがついてこれず、アムロが「もっと早く反応してくれ!」とガンダムに文句を言っていた。

 

アムロ・レイ

 

これもラグだろう。(そのあとガンダムの関節部分にマグネットコーティングをつけてもらいガンダムの反応速度が上がった)

 

ぼくなつは操作がシンプルだからプレイできないことはないがやりにくくてしょうがなかった。

しかしPCから表示しているゲーム画面のウインドウを小さくしたらラグも小さくなった。

しかしぼくなつくらいならなんとかプレイできるがアクション性の高いゲームだと厳しいだろう。

ラグの問題を解決する必要がありそうだ。(あとでわかったがキャプチャーボードを使うとラグは必ず発生する。ラグを回避する方法はあるみたい。)

 

 

ここからが本当の地獄だ

 

ラグの問題もあったがとりあえず20分を超えた長い収録も終えて一安心。

あとはこの動画を編集してYouTubeとニコニコ動画の規定に合ったファイルサイズとファイル形式にエンコードして投稿!

長かったぁ~と思ったが・・・長いのはここからだった。

 

今回の記事はここまでとします。

次回の記事ではこの後のトラブルの連続に私が「Fu〇k!!」とブチ切れまくっている内容を書いていきたいと思います。

今回の記事も読んでいただきありがとうございました。それではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

エンコード1

エンコード2

エンコード3

エンコード4

エンコード5

エンコード6

エンコード7

 

 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「アマレコTVで撮った動画が動画編集ソフトで出力できない!?