モデル1

モデル2モデル3

 

あらすじ

2006年(24歳)から漫画家を目指しはじめ、絵の模写を約3年やって画力を伸ばす。

2008年末(26歳)でそろそろ漫画を描くことにチャレンジしようと思ったがこったストーリーとかまだ作れる気がしないし、作れたとしてもまだ今の技量ではうまく漫画を描ける気がしない。

 

「そーだ! エロ漫画なら簡単に描けそう! よし! まずはエロ漫画家になろう!」

 

・・・漫画ど素人の私のボケた発想が生まれました。

今回の記事ではなぜ漫画を描いたことない(に等しい)当時の私がエロ漫画なら簡単に描けると思ったのか? その理由を書いていこうと思います。

 

前回の記事「ホラーというジャンルは漫画には向いていない。その理由と考察

私が漫画家を目指していた記事の1話目「私が漫画家を目指した約8年間の軌跡。はじめます

 




 

エロ漫画を描くことをとことん舐めていた私

 

漫画を描くことにチャレンジしようと思った私ですが

「どんなに素晴らしいストーリーも低い画力で描いたら寒い漫画にしかならない」

と思っていたので、画力の低い今の技量ではどうしてもストーリーを作りこむ気にはなれませんでした。

「じゃあ画力が上がってから漫画描けばいいじゃん」と思われるでしょう。

まったくその通りなのですが、2008年の当時の私(26歳)は仕事を辞めてニート状態になっていたので無収入でした。なので早く収入源が欲しかったのです。

 

なんとか漫画で収入を得たかった私は

「そーだ! まずはエロ漫画家になろう! それならエロ漫画描きながら収入も得られるし、画力も伸ばせるしで一石二鳥じゃん!?」

そう・・・思ってしまったのです。

 

なぜ当時の私はエロ漫画家なら簡単になれると思ってしまったのか?

その理由を説明する前に、皆さんはエロ漫画を読んだことはありますか?

この記事を読んでくださっている人の中には18歳未満の方もいらっしゃるでしょう。

しかし18歳未満でも男の子なら読んだことはあるはずです。

なぜなら思春期の坊やたちのエロに対する執念はハンパではないからです。

そして今は便利なネットがあります。

「無料 エロ漫画」とでも検索すれば簡単に読めてしまうのです。

今はスマホもあるので携帯でも簡単に読めてしまいます。

さらにBL(ボーイズラブ)などの女性向けエロ漫画もあるので女性の方でも読んだことある人は多いんじゃないでしょうか。

 

ボーイズラブ

 

一応エロ漫画は18歳未満の方は読むの禁止なのですが、そんなの律儀に守ってる人なんていないでしょう。

「18歳まで一切の禁欲を断つ!」

そんな修行僧みたいな人いたら尊敬します。(お!そんな人を主人公にして漫画を描いたらおもしろいかもしれない)

 

ちなみに私が学生の頃はネットなんて便利な物はなかったのでエロ漫画を読むためには土手や竹藪などにエロ漫画やエロ雑誌が落ちているという奇跡にめぐり合わない限り無理でした。

同級生の中にもエロ関連の物をもっている奴は少なく、仮に持ってても「持ってる」と言うと不良にとられてしまうので、「持ってる」と自慢する奴はあまりいませんでした。(私も不良にいくつかとられた。許せん)

なので誰かに見せてもらうことも難しかったです。

 

で、私が漫画を描くことにチャレンジしようと思った2008年の当時にはさすがにネットが普及していたのですが、私はPC(パソコン)をもっていませんでした。

そして携帯はまだガラケー(フィーチャーフォン)時代だったのでスマホやタブレットなんてのも当然無く、私の持ってるガラケーは低性能、低画質だったのでネットでエロ漫画を読むなんてことは無理でした。

しかしさすがに26歳というオッサン一歩手前の年齢だったのでエロ漫画は普通にエロ漫画雑誌を書店で買って読んでました。

 

エロ漫画を読んで当時の私が思っていたこと

 

さて、ここでエロ漫画を読んだことある人に質問です。

あなたはエロ漫画に対してどういう印象をもっていますか?

当時の私はこんな印象を持っていました。

 

「エロ漫画は絵が下手な作家さんが多い」

 

・・・当時の私のこの印象にあなたはどう思われるでしょうか?

ちなみに今の私がその印象を聞いたらあっけにとられます。

今の私の考えはまったく逆です。

エロ漫画は画力が高い作家さんが多いと思っています。

その理由は「薄い本」といわれる同人誌の存在とコミケ(コミックマーケット)にあります。

 

コミックマーケット

 

漫画の世界は実力がモノをいう世界です。

なのでいくら連載経験が豊富であっても人気作が描けない、あるいは描けなくなった漫画家さんは編集者に「あんたもういらない」と、その雑誌社からハジかれてしまいます。

そんな漫画家さん達が漫画で収入を得るために、同人誌を描いてコミケに参加するのです。

 

同人誌

 

当然漫画を描いていたキャリアがあるので画力やスキルが高い人が多いです。

それに同人誌やコミケはストーリーは作れないけど画力は高い漫画家さん達が流れ着く場所でもあると思うので、そういう理由でもエロ漫画界の画力は高い・・・いや、高くなったと私は思います。

 

しかし当時の私は漫画家を目指していたくせに漫画界について無知に等しかったですし、コミケの存在も知りませんでした。

同人誌も学生が趣味で描いたようなレベルのものしか読んだことがなく、私が読んでいたエロ漫画は雑誌のエロ漫画だけでした。

そしてその雑誌に掲載されていたエロ漫画はお世辞にも絵が上手いとは思えない漫画が多かったのです。

他のエロ漫画雑誌を見ても画力が高いエロ漫画はごく一部に感じたので当時の私は「こんな画力でエロ漫画家になれるんだ。それなら俺でもすぐになれるな。」と思ってしまったのです。

 

ちなみにこの時の私はまともな漫画なんて描いたことありません。

つけペンもほとんど使ったことがありません。

スクリーントーンも貼ったことがありません。

背景もほとんど描いたことがありません。

やってたのはせいぜいペラペラの紙に鉛筆で人物の模写をしてたくらいです。

つけペンで絵を描く難しさも知らないで・・・スクリーントーンを貼る大変さも知らないで・・・人の漫画をヘタクソなどと・・・

無知です。愚かです。

 




 

エロ漫画ってストーリー無いに等しいじゃん? だから簡単!

 

当時の私がエロ漫画なら簡単に描けると思った理由がもう一つあります。

 

「エロ漫画って男と女がセクロスする描写を描くだけでいいんでしょ? ヤるまでのすったもんだはありきたりでいいだろうし・・・楽勝!」

 

当時の私のこの発言に皆さんはどう思われるでしょうか?

たしかに今の私でもエロ漫画にあまりこったストーリーは必要ないと思ってます。

エロ漫画に大切なのは読者を抜かせること(下品)にあると思うのでストーリー部分にページを割きすぎて、肝心のセックスシーンが少ページではお話になりません。

なのでストーリーは・・・まぁあまり必要ないというのは今でも同意ですが、大切なのは生々しいセックスシーンです!

生々しくてねちっこく、読んでるこっちにまで熱が伝わってくるようなリアルな描写が必要なんです!

それをほぼ童貞に等しいお前に描けると・・・失礼しました(汗)

 

と、とにかくエロ漫画を・・・いや、漫画を1作仕上げることの大変さを知らない私はそういう理由でもエロ漫画を描くことを舐めていたのです。

 

こうして私の今後のプランが決まった

 

ということで当時の私のプランは

1.エロ漫画を描く。

2.雑誌に描いた漫画を送って賞をとってエロ漫画家になる。

3.エロ漫画家として収入を得ながら画力とスキルを伸ばしていく。

4.自分で満足できる画力とスキルを得たら普通の漫画家に転向。

というプランに決まりました。

 

まぁ・・・プラン自体はそんなに悪くはないと思います。

エロ漫画を描くのが私が思ってるとおり簡単ならば・・・ですが。

 

 

今回の記事はここまでにします。

次回からは私が漫画を描く大変さをこれでもかというほど体感する内容になっていきますので次回も是非読んでもらえると嬉しいです。

それとちょっとネタバレになるのですが、当時の私は終始エロ漫画家を目指していたわけではありません。途中で普通の漫画家への道にシフトします。

なのでエロ漫画家に興味がない普通の漫画家志望者の方も参考になる内容になっていくと思いますので普通の漫画家志望者の方も読んでくれると嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「私の漫画のストーリーの作り方。描きたいシーンから物語を広げる