前回の記事「目標「アフィリエイトで月の収益10万以上」また漫画を描くために

 

あらすじ

 

ブログアフィリエイトで月10万の収益を目指して頑張っていた2016年 12月。

このブログに1通のコメントが来た。

 

「私のサイトに漫画を描いていただけませんか? もちろん仕事として。」

 

今回はその話の続きです。

先方のことはお話ししますが、身バレしないよう配慮してご迷惑のかからない程度にさせていただきます。

 

この話の1話目「漫画家を諦めた後どうしたのか?アフィリエイトに可能性を感じ…」

 




 

結末から話ます

 

え~・・・先に結末から話ます。

 

このお仕事の話・・・なくなりました。

理由は・・・完璧に私の身勝手な都合とアホなミスのせいです。

 

先方には何の落ち度も不手際もありません。

超親切な方でした。

 

こういう結末は最後に話すべきかもしれませんが、先に結末を知っておいた方が内容が理解しやすいと思ったので先に話すことにしました。

 

よく詐欺に騙されていた私

 

「私のサイトに漫画を描いていただけませんか?」

このコメントを読んだとき、驚いたのは当然ですがこう思った自分もいた。

 

「ついに来たか」

 

このブログを読んでくださった方が漫画の仕事の依頼をしてくる。

・・・そんな想像をまったくしてこなかったわけではない。

たま~に仕事中、そんな依頼をこなしてお金を儲けてる自分を妄想したりなんてことはあった。

 

この「リネイシア」というブログでは絵やオマケ漫画などを描いているが、けっしてこういう仕事をもらうために描いているわけではない。

ただ私が描きたいから描いているだけだ。

しかしそれによって仕事の依頼も来るんじゃないか?

そんなことを少しは期待してもいた。

しかしまさか・・・本当に来るとは。

もちろんこのコメントを詐欺かイタズラの類だという可能性も大いに考えた。

 

私は自慢じゃないが、過去にけっこう詐欺被害にあったことがある。(このブログでじゃないよ?)

2年前くらいには30万円騙し取られた・・・なんてこともあった。(本当に自慢にならん)

 

 

そこらへんの話はまたいずれ書くとして・・・そういう経験もあったのでこのコメントには十分警戒心を働かせたうえでやり取りを行った。

先方からいただいたメールは仕事の依頼の証拠としてすべて消さずに保存しておいた。

ちなみにこのブログにいただいた仕事の依頼メールは先方の希望の元、非公開としたので皆さんからは見ることはできません。

 

自分ルールの締め切り

 

すぐに私は失敗をやらかした。

こういう話はまず安易に引き受けたりせず、仕事の詳しい内容から確認すべきだった。

しかし私のとった行動は

 

「大丈夫ですよ! 私なんかでよければ全力でやらせていただきます!」

 

・・・速攻で受けてしまった。

内容も確認せず安請け合いしてしまった・・・。

 

この時の私は仕事がかなり忙しくなってるような状態だった。

ただでさえ少ない人数の会社なのに一人辞めちゃったから少ない休日がさらに少なくなってしまったのだ。

時期的に正月休みが近かったが、私が働いている会社にそんなものは存在しない。

私は仕事前、仕事後、そして休日の少ない時間を使ってなんとかこのブログの週1回の投稿を守っていた。

そんな時間的にもカツカツな生活を送っているのになぜ仕事の依頼を受けたのか?

 

その時の私はブログを3記事ほど書き溜めしていた。

このブログは週1回の投稿と決めていた。

別にブログは誰かから「金やるから書け」と、仕事として書いていたわけではないので締め切りなんて守る必要はまったくないのだが、自分で決めたルールなので極力守ってやりたかった。

私は締め切りというものに対し、異様な怯えを感じる。

締め切りを破ることに強い恐怖を感じるのだ。

だから何かあっても締め切りだけは守れるように書き溜めを少しずつ、少しずつ増やしていった。

そして年末には正月休みとしてこのブログを1回だけ休ませてもらう。

正月には世間も休んでるので私もブログを1回くらい休んでも何ら問題はないだろう。

そういう自分的に納得できる休みなら自分の中でルール上、休んでも問題はなかった。

 

だからこれで計4週間ブログを書かなくても大丈夫。

この4週間を使えば仕事の依頼の漫画を描ける。

そう思って引き受けたのだ。

 

ここで失敗その2。

私は先方からの仕事内容を勝手に決めつけてしまっていたのだ。

 




 

先走りすぎ

 

サイトに載せる漫画・・・それはつまり「そのサイトに載せてあるジャンル(職種や情報など)を紹介する漫画」

あるいは「そのサイトが売り込みたい商品や情報を紹介する漫画」

この2つのどちらかだと決めつけていた。

というかそれ以外考えられない。

 

そういう漫画なら皆さんもサイトや本などでけっこう目にしたことあるんじゃないでしょうか?

紹介したいものをアピールしたり説明したりしてるだけの漫画なのでハッキリ言って面白いとは言えませんが、文章で説明するより読む人は頭に入りやすいんじゃないかと思います。

でもそういう漫画を見たことない人もいるかもしれませんね。

う~ん・・・じゃあちょっと一例を説明します。

たとえば塾を紹介する漫画だったらよくあるのが・・・

 

 

1.今までろくに勉強してこなかった主人公が自分の成績に嘆いている。

このままじゃ希望の学校の受験に受からない。

でも受験勉強ってどう勉強すればいいかわからない。

 

 

 

2.ここでもう一人のキャラクターが登場。

その子は普段ろくに勉強してるそぶりも見せないのに成績は常に上位。なんで?

 

 

 

3.実はその子は塾に通っていたのだ。

そこの塾の先生はとても教え方が上手で学校での勉強よりよっぽどわかりやすいという。

その子の誘いで塾の見学へ行くことに。

 

 

 

4.その子の言ってたとおりそこの塾の勉強はとても分かりやすく、また受験対策もとても的確に教えてくれた。

この塾すごい!

 

 

 

5.その塾のおかげで成績はぐんぐん伸びていき、無事志望校に・・・いや、当初の目標だった志望校以上の学校に合格できましたとさ。

めでたしめでたし。

 

 

 

こんな感じのアピール漫画、皆さんも読んだことあるんじゃないでしょうか?

だいたいこういう漫画は5ページ前後くらいで話がまとめられてる。

だから5ページくらいなら・・・まぁできるかな。

でもやっぱりフルカラーだよな?

フルカラーかぁ・・・。フルカラーは死ねるな・・・。

でも5ページくらいならできなくはないか。

 

こんなふうに私は先方からの仕事内容を勝手に決めつけOKしてしまったのだ。

どうして私はいつもこうアホなんだろう。

 

そして・・・先方からいただいた仕事量は・・・私の予想をはるかに超えていたのだった。

 

今回の記事はここまでにします。

漫画で食っていきたい人にとっては贅沢な話ではありますが・・・まぁ続きはまた次回でお話しさせていただきます。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

 


 


人気ブログランキング

 

次の記事「先方からいただいた漫画の仕事内容。・・・連載ですと!?」