前回の記事「Googleの自動ペナルティを受けて検索順位が下げられた話」

 

ニコニコ動画のせいで、Googleから自動ペナルティを受けた話です。

 

前回の記事から話が続いてますので、いきなりこの記事を開いた方は、前回の記事から読み進めていただけたらと思います。

ペナルティとかの仕様について詳しい方は、前回の記事を読まなくてもいいかもしれません。(前回の記事は「上位表示」「Googleペナルティ」とかの説明が主だったから)

 

 

前回の記事

Googleの自動ペナルティを受けて検索順位を下げられた話

 

「被リンク」がペナルティの原因に

 

なぜニコニコ動画のせいでペナルティを受けたのか?

その話の前に、どうしても説明しとかなければならない話が一つ。

 

Googleから自動ペナルティを受ける原因の一つに、「不自然な被リンク」がある。

 

ネットでは、自分のサイトやSNSなんかにリンクを貼れる。

「リンク」には2種類あって、「被リンク」「発リンク」というのがある。

 

 

 

検索順位で上位表示されるには「被リンクを受ける」ことが重要になってくる。

多くのリンクを貼ってもらうということは、多くの人がその記事を「紹介したい良い記事」だと判断して貼ってくれるということ・・・だとGoogleは考えたようで、被リンクを受ければ受けるほど、その記事は上位表示されるようになる。

 

 

 

しかし、その考えには落とし穴があった。

昔は「どんな被リンクでも、貼られれば貼られるほど上位表示になる」というシンプルなルールだったので、多くのサイト主は上位表示したい自分の記事に無料ブログとかでリンクを貼りまくって、無理やり上位表示させていた。

 

 

だから昔のGoogle検索エンジンは、検索しても調べたいことと全然関係ない広告記事や商品記事がたくさん出ていた、かなりカオス(渾沌)となった検索エンジンだった。

そんな状況をなんとかしようと2012年4月、Googleはプログラムを変える「ペンギン・アップデート」というものを行った。

それにより、被リンクが不自然に貼られまくっているサイトや記事は全部圏外にして、検索エンジンから一掃した。

 

つまり結論は、他の人が「このサイトや記事を紹介したい」という純粋な思いあって貼った被リンクは、貼ってもらえれば貼ってもらうほど上位表示のきっかけにする。

しかし不自然にベタベタ貼られた被リンクは、「そのサイト主が、自分のサイトや記事を上位表示させようとするインチキの被リンク」だと判断し、ペナルティをかして検索順位を一気に下げる。

・・・という仕様にしたということ。

 

 

2018年8月に私のサイトはペナルティをくらったが、つまり私のサイトに、不自然なリンクがベタベタ貼られたということ。

それをGoogleが、「サイトを上位表示させるためのインチキ行為」だと判断し、私にペナルティをかしたのだ。

 

 

ニコニコ動画から大量の被リンクが

 

自分のサイトにどれくらいリンクが貼られてるかは、Googleの「サーチコンソール(Search Console)」というサイトでわかる。

そのサイトで調べてみると、「リネイシア(私のブログ)」のトップページに、341ほどのリンクが貼られてあった。

 

 

こんなに多くの人がリネイシアを紹介するため、リンクを貼るのはおかしい・・・。

いったいどこのサイトがこんなにたくさんのリンクを貼ってるのか調べてみたところ、これらのサイトが多く貼っていた。

 

URL

nicozon.net 151

nicovideo.jp 95

nicogame.info 53

nicotter.net 12

 

 

 

nico・・・?

 

そのURLをクリックしてみると・・・

 

 

ニコニコ動画?

ニコニコ動画がなんで私のブログのURL貼ってんだ?

 

もうちょっと見てみると・・・

 

 

あれ? これ、私の動画じゃん。

 

 

 

私は2016~2017年、「渡かいと」というアカウントを作って、YouTubeとニコニコ動画にゲーム実況動画を投稿してた。

投稿した動画は80。

最近は全然投稿してないが、そのアカウントはまだ存在する。

 

でもおかしいな?

ニコニコ動画は内部リンクは貼れたけど、外部リンクは貼れなかったはず・・・。

 

 

 

じゃあなんで私のブログのリンクが貼れてんだ?

 

 

・・・・

 

 

あっ!!

まさか!!!!

 

貼れるようになったのか!?

 

 

・・・ペナルティの原因がわかった。

 

ニコニコ動画は不便だった

 

ペナルティの原因を説明する前に、先ほど「ニコニコ動画は外部リンクが貼れなかった」と言ったが、そんなことってあるの?

そう思われるんじゃないかと思う。

大手サイトのニコニコ動画が、他のサイトでは当たり前に貼れるリンクすら貼れなかったなんてことがあるの?

そう思われるだろう。

 

・・・貼れなかったのだ。

ニコニコ動画の仕様がクソ不便なのは昔から有名だ。

 

 

ニコニコ動画はYouTubeで広告収入が得られるようになるまでは、日本ではYouTubeより人気だった(と思う)

多くの視聴者がいたし、多くの配信者もいた。

しかし、YouTubeで広告収入が得られるようになると立場は逆転した。

ニコニコ動画の配信者は、金が儲けられるYouTubeの方で本格的に動画投稿するようになった。

それでもニコニコ動画の方が好きだと、ニコニコ動画に残り続けた配信者も数多くいた。

しかし、そんな人たちにも不満はあった。

 

ニコニコ動画はYouTubeに比べて画質が圧倒的に悪い。

生放送が定期的に止まってしまう。

使いづらいなど、多くの不満があった。

 

それは視聴者も同じだった。

 

「検索とか・・・もっといろいろ使いやすく、見やすくしてくれ」

「せめて画質をもう少し上げてくれ」

「定期的に重くなる動画をなんとかしてくれ」

「動画再生をもう少し早くしてくれ」

 

など、ずーーーーっと訴え続けていた。

 

しかし、ニコニコの運営はそういった要望をずーーっと無視し、改善案として視聴者・配信者が望んでいない、わけのわからない新機能を実装し続けるだけだった。

 

ニコニコ動画の運営が無能だというのは有名で、『ニコニコ大百科』には「糞運営」という単語まで登録されているありさまだ。

 

 

 

とにかく、それらの不満と失望は、プレミアム会員(有料会員)数の減少に表れた。

ニコニコ動画が導入された2007年からずーっと増え続けていたプレミアム会員は、2016年9月の256万人から一気に下降。

2018年9月には、194万人にまで減ってしまった。

 

 

私も動画を配信して、その不便さには驚いたが、とくにめんどくさかったのが「動画説明文」

 

これが私の動画の説明文だが・・・

 

 

画像の説明文は、この記事を書くための2018年末に撮ったものなので、2016年のとはデザインが違うが、当時はとにかくめんどくさかった。

HTML仕様だったから。

 

「HTLM」についての説明はちょっと飛ばさせてもらうが、「使いづらい」の一言で理解してもらいたい。

今はかなり改善されたようだが、当時は本当にいろいろ使いづらかった。

 

リンクが一斉につながった!

 

動画投稿していた当時の私は、この動画説明文に「ブログもやってます」と言って、私のブログへのリンクを貼ろうと思ったが・・・URLを入力してもリンクがつながらない。

つなぎ方がわからないから調べてみたが、他のサイトへのリンクはつなげられないことがわかった。

 

 

YouTubeならURLを記入するだけで、あとは勝手にリンクがつながったのに・・・マジかよ?

だから私は、自分が投稿した動画の説明文すべてに自分のブログのURL・・・「http://rineishia.com」を記入していた。

ブログに興味を持ってくれた人は、そのURLを自分でURL欄に書き込んで来てくれと・・・。

そんなめんどくさいこと、わざわざする人はいないだろうと思ってはいたが、一応URLを書いていた。

80ある動画すべてに。

 

それがいつの間にか、リンクがつながっている・・・?

 

 

 

まさか・・・

 

調べてみると、ニコニコ動画のお知らせで、

「2018年6月25日 外部リンクが貼れるようになりました!」

「これからは動画説明文にURLを書くだけで、自動的にリンクがつながります!」

とのこと。

 

 

 

・・・察しのいい人は、もうお気づきだろう。

上記で説明したよね?

 

「不審な被リンクは、すべてペナルティを受ける原因になる」と・・・。

 

 

2016~2017年、私は投稿した80の動画説明文すべてにリネイシアのURLを書いていた。

それが2018年6月25日、ニコニコ動画の仕様変更により、全部リンクがつながったのだ。

 

しかもそれだけではない。

 

ニコニコ動画には「nicozon」

 

 

 

「nicobideo」

 

 

 

「nicogame」

 

 

 

「nicotter」

 

 

 

と、複数の種類があるようだ。

複数あることは私も知らなかったが・・・それら複数のサイトでも、私の動画は見れるようで・・・それら複数のサイトからもリンクがつながったのだ。

 

つまり、2018年6月25日に4つのサイトから合計311ものリンクが一斉に、1分1秒違わぬ同時刻につながったということ。

 

 

普通なら起こりえないよねこんなこと。

まったく同時刻に311人もの人が、まったくの同時刻にリンクをつなげるなんて・・・。

機械的にしかありえない。

これではGoogleプログラムが不審なリンクだと判断して当然だろう。

 

しかもその中のURLには、こんなのとか・・・

 

「http://www.nicozon.net/search/くそガキ/f/a/34」

 

こんなのとかもある。

 

「http://www.nicozon.net/search/萌え姉/r/a」

 

 

何で「くそガキ」とか、「萌え姉」とか入ってんだ?

不審なURLだと思われてもしょうがない。

 

ちなみに、私はニコニコ動画で80の動画すべてにURLを記入していたが、「nicozon・nicovideo」は80以上のリンクが、「nicogame・nicotter」は80以下のリンクが貼られていて、それぞれリンク数が全然違うのだが、なぜ違うのかはわからない。

URLを一通り辿ってみたけど、なんかよくわからんけどリンクがつながってたのも複数あった。

そこらへんの詳しい知識は私にはないので、解説することはできない。

 

 

とにかく、インチキをしたというGoogleからの誤解を解かなければならない。

そのためには私の動画説明文に記載したURLを消すしかない。

そう思ってURLを・・・ってゆーか、アカウントごと動画全部消すことにした。

 

これでpvも回復して、めでたしめでたし。

 

 

 

そう思ってたんだが・・・

 

まだだった。

ここからまた、笑っちゃうようなことが起こった。

「わざとやってんじゃないか?」って疑われるくらい、漫画みたいなことが起こった。

 

こっちは必死でやってんのに・・・どうしてこんなギャグみたいなことが起こる?

 

とにかく・・・詳しい話は次回でお話しします。

 

 

 

次の記事「Googleのペナルティを解除するため、ニコニコ動画の外部リンクを消そうとするが…」