前回の記事「「フラグメンツ・ブルー」のゲーム実況中に起こったトラブル」

 

前回の記事の続きです。

今回で思った以上に長くなってしまった「フラグメンツ・ブルー、ゲーム実況」の記事を締めたいと思います。

 

 

今回ほとんどYouTubeの話かも

 

前回の記事のちょっとおさらい。

 

ゲーム実況中、PC(パソコン)には「ゲームの映像表示」「ゲーム映像の録画」「実況者の声の録音」この3つのことを同時にやってもらわなければならない。

しかし私の使っているPCのスペックが低いので、この3つのことを同時にするには負荷がかかりすぎなのか、「私(実況者)の声を録音するソフトが定期的に止まる」というトラブルがよく起こった。

そのソフトは「Audacity(オーダシティ)」というソフトで、無料でありながらも多機能な高性能ソフトだ。

多くのゲーム実況者さんもこのソフトを利用している。

このソフトがよく止まる。

しかし調べてみても、このオーダシティが止まるという現象を嘆いている記事やサイトは見られなかったので、原因はソフトではなく、やはり私の低スペックPCにあるのだろう。

だからといって高性能PCを買うのは簡単ではない。

ここまでが前回の記事で語ったこと。

 

で、その対策として「録音ソフトを変えてみる」ことにした。

しかし他の録音ソフトを検索してみても、なかなか良さそうなのは見つからない。

無料なやつでオーダシティ以上のソフトはとても見つからなかったし、有料なのも「歌ってみた(YouTubeで歌を歌う人の動画)」で利用してるようなソフトがいくつかあったが、実況用としてはどれも使いずらそうだった。

 

その中で、NCHソフトウェア「WavePad 音声編集ソフト」というのが良さそうに感じた。

このソフト、実は去年くらいにちょっと使ったことがあって、そのとき使ったのは「無料版」

これがけっこう使いやすくて良さそうだったのだが、しばらくすると「有料版を購入してください」と出て使えなくなった。

だから今回は思いきって有料版を購入してみようかと思った。

 

で?・・・いくら?

 

$99.00

 

 

・・・$(ドル)?

 

今の日本円で11,099円らしい。

 

ちなみにこれはマスター版。

標準版は6,699円とのこと

マスター版は標準版より多機能だが、私の場合は標準版で十分だと思った。

・・・が、私は「長く使うであろうから、思い切ってマスター版を買おう!」と、マスター版を買ってしまった。

 

 

無駄金だった・・・

 

マスター版を買って早速使ってみたが、使い方の表示が専門用語など使わないわかりやすい表示で、非常に使いやすいと感じた。

 

 

性能は、オーダシティの強化版って感じ。

そして、前々回の記事でお話しした「動画のノイズ」も、オーダシティよりも更にきれいに消してくれて、それだけでも買って良かったと私は思った。

肝心の「止まる」という現象は・・・大丈夫。

1時間以上ぶっ通しで撮っても1回も止まることはなかった。

これには心底安心させられた。

 

この頻繁に起こる「止まる」という現象が気になって、私は今までゲーム実況に集中できなかったのだ。

ゲーム画面を見ながらしゃべりつつも、横目でチラチラと録音ソフトを見ながら内心「止まるんじゃねぇぞ・・・」と、冷や冷やしながら実況を続けていたのだ。

しかしその心配から解放されてからは伸び伸びと実況できた。

 

・・・しかし、それも最初の1回目の収録だけだった。

2回目以降の収録では、このソフトも見事に定期的に止まってくれちゃったからだ。

 

まったく意味ねぇじゃねぇか・・・。

 

しかもこのソフトはダウンロードして購入したソフト。

ソフトを購入したときに「登録コード」というのがメールで送られてきて、そのコードを打ち込んでダウンロードして初めて使えるようになったソフトだ。

しかもそのコードは、1つのPCにだけしか使えないらしい。

つまり今後、私が別のPCを買ったとして、そのPCに今回買った登録コードを打ち込んでも・・・このソフトは使えないというわけ。

使いたいならもう一度買うしかない。

 

まったく・・・商売上手だねぇ。

 

うん。もうね・・・諦めた。

この「止まる」という現象と付き合いながら「フラグメンツ・ブルー」のゲーム実況を終えますよ。

 

ちなみに前回話した「アマレコTV」という録画ソフトのことを覚えているだろうか?

お話しし忘れていたが、このソフトもたまにだが止まってくれちゃってた。

「書き込みバッファがいっぱいになりました」という表示が出て、たまに止まるのだ。

 

 

改善方法などいろいろ試してはみたが、低スペックPCではこれ以上どうすることもできなかった。

私は実況中、2つのソフトが止まることに怯えながら実況をし続けていたというわけだ。

もしゲーム実況に興味がある方は絶対に低いスペックのPCでやらない方がいい。

奮発してでも、なるべく高いスペックのPCにするべきだ。

じゃないと私のように気苦労の多い実況になってしまうから。

 

PC買おうかと思ってたんだけど・・・

 

フラグメンツ・ブルーの実況を終えてから、私はまた別のゲームを実況する予定ではあった。

しかし・・・もうこのPCではする気も起きなかった。

高スペックのPCを買うことを考えた。

これからもネットで何かしらやろうと考えているので、やはり高スペックPCは必要だ。

金銭的には・・・まぁ買えなくもない。

 

実況で使わせてもらってた兄のPCは起動が遅いし、重いので、使いずらいことこの上ない。

その上、PCは別の部屋にあるので、家に誰もいないときじゃないと実況できない。

しかし私用にPCを買えば、部屋で気軽に実況できる・・・かもしれない。(壁が薄いのでどうかな?)

金額的にはまぁ・・・30万円くらいまでなら支障なくいける・・・かな?

しかし高い買い物になるので失敗はしたくない。

買う前にPCのことをもう少し詳しく調べてみよう・・・と思ったら!

とんでもないことやらかしたやつが出た!

 

こいつのせいで今後の計画が大いに狂わされたのだ!

 

YouTubeが厳しくなった

 

皆さんは「ローガン・ポール」という人を知ってるだろうか?

そして、この人がやらかした騒動をご存じだろうか?

 

この人は海外では超有名なYouTuberらしい。

で、この人は2017年 12月31日、日本の青木ヶ原樹海でぶら下がった自殺者の遺体を発見。

その動画をYouTubeで配信したのだ。(遺体にはモザイクをかけて)

しかも、その自殺者の遺体の前で悪ふざけ。

 

 

これが日本だけでなく、海外でも大批判の大炎上。

動画はその後削除されたが、批判は今でも止まってはいない。

この人は日本に来た際に、ポケモンのピカチューの姿に扮して、モンスターボール(クッションっぽいやつ)を人や車に投げたり、タコの足や魚をタクシーの上に乗せたりと、数々の迷惑行為も行い動画配信している。

 

 

結果、この人はYouTubeとの提携を打ち切られたとかなんとか・・・。

まぁこの人は他にもいろいろな収入源を持っているようなので、これで路頭に迷うなんてことは全然なさそうだが・・・(ちっ)

問題はこの一連の行為のせいで、YouTubeで今後収益を得ることが難しくなりそうなのだ。

 

YouTubeでは広告収入として動画配信者にお金を配布する制度が存在する。

これ目当てでYouTubeで動画配信する人や、これで食っていこうと「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれるものになろうとしてる人は大勢いる。

じつは私も、この広告収入目当てでゲーム実況やろうと思ったふしもある。

YouTubeで食っていけるとは毛ほども思ってはいないが、やっぱり貰えるものは貰っておきたい。

 

しかしこの広告収入を受け取れる資格・・・「YouTubeパートナープログラム」の規約がどんどん厳しくなっているのはご存じだろうか?

2016年くらいまでは必要な手続きを取りさえすれば、あとは簡単に自分の動画に広告を載せて収益を得ることができた。

私がゲーム実況を始めたのが2016年3月からだったが、私も一応収益はもらえてた。

月々1~20円くらい・・・。

たったそれだけ?と、思われるでしょう。

 

昔は動画1再生につき、0.1~0.4円は稼げたらしい。

 

0.4円だと仮定して、単純に計算すると、10再生で4円

10,000再生で4,000円

100万再生だと400,000円にもなる

まぁこれはあくまでも大まかな目安。

実際はこんなには稼げなかったでしょうが・・・。

それでも昔のYouTubeは非常に稼ぎやすかったらしいので、このうま味を知って多くの人がYouTubeに参入し始めた。

その結果、一人当たりに配られる収益額は分散しまくって、YouTubeで稼げる金額はどんどん落ちていった。

2016年には1再生につき0.02円にまで落ち込んだとか。

大物YouTuberの「シバター」さんも、この状況には「これじゃ食っていけねぇよ!」と動画内で嘆いていた。

 

 

その対策も含めてか、2017年 4月からYouTubeで収益を得る条件を厳しくする措置がとられた。

「手続きさえ終われば、よっぽど悪質なチャンネル(配信者)でなければ、誰でも収益をもらえる」から「動画総再生数が10,000以上のチャンネル」に変わったのだ。

これで底辺YouTube配信者は、収益が貰えなくなった。

私のチャンネルはそのとき、総再生数が3~4,000くらいだったから、私も貰えなくなった。

でも総再生数が10,000以上なら、もうしばらく続けてればその領域に届いて貰えるようになるだろうなと思っていたら・・・先に紹介したローガン・ポールの件で、更に厳しくなったのだ。

 

2018年 2月からは、

 

・自身の動画の総再生時間が1年のうちに4000時間以上。

・チャンネル登録者数1000人以上。

 

この2つの条件を満たしたチャンネルのみ、収益が貰えるとのこと。

 

それと、動画の内容も「暴力的、差別的な動画はアウト(フェイクニュースとかも)」

これは2017年から厳しくなりつつあるが、これからはもっともっと厳しく動画を審査されるようになるだろう。

ちなみに「チャンネル登録者」とは・・・お気に入り登録者みたいなものかな?

 

今の私の1年の動画総再生時間はだいたい・・・350時間くらいかな?

チャンネル登録者数は・・・22人。

 

 

これは無理ですねぇ。

全然無理ですねぇ。

 




 

YouTuberってイメージ悪いよね

 

正直、こうなることは予想してました。

YouTubeはこれからも、どんどん収益条件が厳しくなることは全然予想出来てました。

だって今のYouTubeってちょっとおかしいじゃないですか。

YouTubeで再生数を稼ごうと、注目を浴びるために迷惑行為、人の悪口、暴言吐いたり、犯罪まがいのことに手を出したり・・・。

2017年には福井県で、覚せい剤に見立てた白い粉を警察官の前に落として逃走し、警察官から逃げる様子を撮影させて、動画で配信したYouTuber?が捕まって大問題になった。

 

 

他にもYouTuberの女性が自分の胸をいろんな人にもませる動画を配信して大炎上など、再生数ほしさにかなりアホなことをする人が多い。

 

先の白い粉の件について詳しく知ろうとYouTubeでちょっと検索してみたら、似たようなことしてる人が多くて本当に驚いた。

 

「警察官の前で醤油がぶ飲みしたらどうなるか?」

「警察官の前で未成年がタバコ吸ったらどうなるか?」

「警察官の前で喧嘩してみたらどうなるか?」などなど・・・

 

警察官はおもちゃじゃねーっつーの。

 

しかも今はその程度のことでは全然再生数稼げないんだね。

先の警察官の前でふざけたり、喧嘩したりの動画は1年以上前のは稼げてたけど、最近のは全然稼げてなかった。

だから皆、もっと無茶をする。

 

そんなふざけた動画内で、企業が宣伝したい商品の広告を載せられたりしたら、イメージダウンにしかなりはしない。

だからYouTubeに広告参入する企業はどんどん減ってるらしい。

 

そして上記で話したローガン・ポールの件で、有名企業がYouTubeとの提携を打ち切り。

YouTubeのイメージをこれ以上悪くしないように、Googleは今後、もっともっとYouTube内での監視を厳しくするだろう。

今はアニメの一部を動画で配信して収益を得たり、テレビのワンシーンを抜き取って動画で配信して収益を得てる人も多いけど、あれだっていずれ著作権違反として収益を得られなくなると思う。

 

これからはもっともっとYouTubeは「稼げる人」「稼げない人」の格差が広がっていくと思う。

芸能界みたいに。

 

 

今後、どうしようかな?

 

私は今後、YouTubeを活動の中心に添えるつもりはないが、ゲーム実況で少しはお小遣い稼げればなぁとは思ってた。

でもそれは・・・ちょっと無理そうですね。

私もブログをやめて、仕事以外の全時間をYouTubeでの活動に変えるのなら、収益を貰えるくらいにはなるかもしれない。

しかし趣味程度の活動時間では・・・ちょっと無理そう。

収益規制が厳しくなることはずっと前から予想してたけど、まさかここまで動きが早いとは思わなかった。

これじゃあ高いPC買って、時間使ってゲーム実況するくらいなら、その分の時間をブログ作業に充てた方が全然いいんじゃないか?

いや、絶対そっちの方がいいだろうけど・・・。

 

でもYouTubeは使いようによっては、もっともっといろいろできると思う。

ゲーム実況ではなく、絵の描き方を説明した動画を作って配信したり、生放送で絵を描きながら視聴者様と交流したり・・・。

ただ私が撮影しながら絵を描いたり、生放送で皆の前でしゃべったりなんてこと、緊張しすぎて絶対出来ないとは思うけどね・・・。

まぁしばらくはブログに専念しようかな?

当初の目的でもあった「フラグメンツ・ブルーのゲーム実況」は終わったんだし。

 

というわけで超長くなりましたが、フラグメンツ・ブルーのゲーム実況記事は今回で終わりです。(今回はほとんどYouTubeの話だったけど)

ここまで読んでくださった方々には本当に感謝しております。

私のゲーム実況を見てくださった方にはもっと感謝いたします。

長々と私の自己満足な記事に付き合ってくださって、本当にありがとうございました。

フラグメンツ・ブルーが気になった方は是非、購入してプレイしてみてくださいね。

それで感想なんかいただけたら幸いです。

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

次の記事「漫画の見開きページは原稿用紙をどう使って描けばいいの?」