前回の記事「ペン入れをした後、下描きが消されてない原稿はとても良く見える

 

過去の記事で私が初めて描いた漫画を公開しましたが、私はその漫画を2008年の11月~12月にかけての約1ヵ月で描き上げたと書きました。

 

その漫画「私の1作目の漫画「生きぬければ」 渡かいと

 

そうしたらその漫画を読んでくれた方々が「初めての漫画をたった1ヵ月で描き上げるなんてすごい!」

そう言ってくださったんです。

しかし中には「ずいぶん前のことだから1ヵ月ってのは記憶違いじゃないか? 勘違いじゃないか?」

そう思われてる方もいると思います。

しかしそれはあり得ません。

なぜなら私は漫画家を目指していた時「いつ、何の漫画を何時間描き、何のゲームを何時間し、何の本を読み、何の映画を見ていたのか。」

そういうことはすべてメモしていたからです。

 

・・・ん? ちょっとひいてます?

そんなことをチマチマとメモしていた私にひいちゃってます?

 

しかし私はこれを漫画家を目指している方々・・・いや、何か夢を追いかけてる方すべてにお勧めしたいんです。

この・・・「記録に残す」ということを。

その理由を今回はお話しします。

 




 

自分の努力を忘れないために

 

私はこのブログで2006年から漫画家を目指しはじめたと言っていますが、その日その日で何をしてたのかメモを取るようになったのは2008年からです。

で、2006年~2008年までの約2年間はメモしてなかったわけですが、私はこの約2年間に何をしてたかというと・・・覚えてません。

いや、もちろん何の仕事をしてたのか? とかは覚えてますよ?(うろ覚えですが)

ただ、漫画家になるためのどんな努力をしてたかというと・・・そこのところは覚えてないのです。

てゆーかぶっちゃけて言うと、いつから漫画家を目指しはじめたのかもハッキリと覚えてないのです。

 

このブログでは2006年からと言ってますが本当はもっと前からかもしれないし・・・後かもしれない。

だからまぁ・・・だいたい2006年くらい? それくらいにしとくかってくらい怪しい記憶なのです。(でもたぶん2006年だと思う)

しかし私は実際に漫画を描くまでは模写ば~っかりしてたのは確かです。

でも何の絵の模写をどれくらいやってたかと聞かれると・・・う~ん・・・ジャンプ系が主だったような~。人物デッサン系が主だったような~。

 

・・・御覧のように人間の記憶力なんてのはあまりあてにならない部分も多いです。(とくに私の記憶力は)

それに一つのことをず~っと長いこと目指しつづけていると自分が何の努力をしてきたのか・・・? 何をどう頑張ってきたのかもわからなくなります。

そしてその努力が結果に結びつかないことで「俺は何をやってるんだ・・・。」

とても不安になります。

それはまるで今までの時間をまったく無駄に過ごしていたような・・・。とても恐ろしくなるんです。

私はそうなりました。

だから記録に残そうと思ったんです。

 

自分の努力を忘れないために。自分の苦労も忘れないために。

 

携帯を日記にすることでいつでもどこでもメモできる

 

メモしていたと言いましたが、ノートやメモ帳にメモしていたわけではありません。

携帯にメモしていたんです。

これが当時使っていた私の携帯です。

 

 

漫画家を諦めてからスマホに変えましたが、この携帯は本当に長いこと使ってましたよ。10年近くは使ってましたね。

で、携帯のどこにメモしていたかというと携帯のメニューの中にはカレンダーがありますよね?

そのカレンダーにはメモできる欄があるんです。

そこに毎日「絵を描いた時間」「ゲームした時間」「何の絵を描いたか」「漫画関連のどんな作業をしたか」「読んだ本や漫画、ゲームや映画」などを簡単にメモしてました。

こんな感じに(これじゃわからないとおもいますが・・・)

 

 

こういうことをメモしておくことで自分がいつ、何を、何時間頑張ってきたのかがわかります。

後で見返すと励みになるんです。

私は月の終わりや年の終わりなどにこのメモを見返して1ヵ月や1年をよくふりかえってました。

そして来月や来年の目標を決めていたものです。

 

ちなみになぜゲームのプレイ時間まで記載してたかというと・・・自分を戒めるためです。

ゲームのプレイ時間を見返すことで「俺何やってんだ!」「こんなに無駄な時間を過ごしたのか!」「明日はゲーム抜き!」

みたいな感じで自分に喝を入れてたんです。

ゲーム好きの人はこれもお勧めですよ。

 




 

新しい発見を忘れないために

 

漫画家になるためには日々の勉強がとても大切です。

絵の勉強。

ストーリー作りの勉強。

アイデアや知識を頭に入れるため本を読んだり、漫画を読んだり、映画を見たり、ゲーム・・・は時間の無駄だからやめた方がいいです。(レベル上げが必要なゲームはとくに)

とにかく勉強することがいっぱいあるんです。

しかしそれらを毎日勉強しつづけても日々の成長の変動はとても小さいです。

少年漫画のように数日間、数か月間修業したくらいで戦闘能力が飛躍的に上がったりとかしません。

日々努力を積み重ねても「なんか・・・変わってる?」

日々の努力の変化に自覚が持てないのが漫画家への道です。

そうやって日々を重ねてしまうと自分の成長に気づけません。

そして年月を重ねても自分の成長に大きな変化が見られないことで

「俺(私)は何をやってるんだ!? まるで変ってないんじゃないか!?」

不安になります。苦しくなります。

 

自分は確かに頑張ってるはずなのに・・・頑張ったことを忘れてしまうんです。

 

これはすごい恐怖ですよ。

だから記録に残すんです。

とくに新しい発見は絶対にメモしておきましょう。

 

「目の描き方で描きやすい方法見つけた!」

「アタリのとり方で描きやすいやり方見つけた!」

「ストーリー作りのいい方法わかった!・・・かも

 

こういうことは絶対にメモしておきましょう。

漫画を描きはじめると新しい発見の連続になります。

だから古い発見や小さな発見はどんどん上書きされていくというか・・・忘れてしまうんです。

だからメモしておき、後で見返すことで忘れた発見も再び思い出すことができるんです。

 

自分の成果を実感できる

 

絵を描きつづけていると絵は少しづつ上手くなっていきます。

それは小さな小さな成長にすぎませんが確実に・・・とは言えませんが上達していくのです。(3歩進んで2歩下がるみたいに進んだり戻ったりの連続)

だから記録に残してしておくことで、後で見返せば

 

「昔の私は手が描けなかったんだ・・・。」

「横顔を描くのが苦手だったなそういえば・・・。」

「後姿はとくに苦手だった・・・。でも今は描ける!」

 

成長が実感できます。

漫画家への道のりは長いものになります。本当に長く険しいものになります。

だからこそ日々のことをメモや日記に残すこと。そして自分が描いた落書きや模写した絵なども残しておくことを強くお勧めします。

そうすることで3歩進んで2歩下がる漫画家への道もメモを見返し、自分の努力や発見を思い出すことでさらにもう1歩くらいは進めます。

これは漫画家だけでなく、あらゆる努力をしている方々にお勧めなのです。

 

というわけで、私はこのメモしていた携帯のおかげで今後も私の漫画家を目指していた人生を正確に皆さんにお伝えすることができると思いますので今後とも私のブログをよろしくお願いします。

 

 

え~・・・この記事が2016年最後の記事になるわけですが・・・皆さんはもう年末のお休みに入ってますか?

私は・・・普通に仕事です。

年末年始も仕事です。

ガキの使いの「笑ってはいけない24時」を見たいのに仕事です。

いつも通りのお仕事です。

 

・・・・

 

マジかよ・・・

 

・・・というわけで私はこのブログを毎週1記事は投稿してますが・・・さすがに来週はちょっと休むかもしれません。

投稿できたとしてもまた漫画を紹介する記事でお茶を濁すかもしれません。(漫画を紹介する記事のほうが時間かかる場合も多いけど)

ですので次週投稿がなかったら「あのオッサンさすがに死んでるんだな・・・。」

そう思ってください。

それでは皆さんゆっくり休んでくださいね。(仕事の人は私と一緒に頑張りましょう)

そして2017年もまたお会いしましょう!

それでは皆さん良いお年を!!

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「土塚理弘先生について紹介。こんな簡単に漫画家になれるもんなの?