前回の記事「ゲーム実況と、YouTube内での今後の活動について」

 

皆さん、こんにちは。

 

私は過去にこのブログで、私が漫画家を目指していたときに、漫画の描き方でわからなかったことを読者の皆様に聞くという「わからないことシリーズ」というのを記事にしてました。

当時わからなかったことを思い出せる範囲で思い出し、記事にし続けて一旦完結としましたが、もう一つわからなかったことを思い出したので、忘れないうちに記事にしときました。

 

今回のわからないことは「見開きページの描き方」です。

ちなみにアナログでの描き方です。

 

わからないことシリーズ、トップページ

 

 

原稿用紙にどう描くの?

 

「見開き」とは、このように漫画の2ページを使って一つの絵を描いているページ。

 

 

この描き方がわからなかった。

 

「普通に原稿用紙2枚つなげて描けばいいじゃん?」と、思われる人もいるでしょう。

しかし原稿用紙には絵を描いても「絵が印刷される部分」「されない部分」があるのはご存知だろうか?

市販の原稿用紙には薄く青い線(原稿用紙のによっては青以外の色)やメモリが引いてある。

 

 

印刷に反映される範囲は、基本的にはこんな感じ。

 

 

青の部分と赤の部分は描いても印刷には写らないらしいので、普通に原稿をつなげて描いたら、ちょうど中央の部分が写らなくなってしまう・・・と考えた漫画家を目指してた当時の私は、どうしたものかと頭を悩ませた。

で、思いついた方法が二つ。

 

「原稿用紙の片側の、印刷に写らない部分を切ってつなげて描く方法」

 

 

「原稿用紙の片側の、印刷に写らない部分を一旦折ってからつなげて描いて、描き終わったら元に戻す方法」

 

 

この二つの方法を思いついた。

しかし、原稿を切ったり折ったりなんかして大丈夫か?とも思ったので、けっきょくどっちの方法もしなかった。

最終的に描いた方法は、

 

「印刷に写らない部分をとばして描く方法」

 

ちょっと意味が分からないと思うので説明すると、こんな感じ。

 

 

これ、すっげー描きにくかった。

 

 

 

 

こんな方法が正規の方法なわけないということはわかってはいたが、原稿を切ったり、折ったりすることで、長い時間かけて描いた一作の漫画が丸々ダメになる可能性を考えると、怖くてできなかった。

 

 

調べたらあったけど・・・

 

今回はこの見開きの描き方を読者の方々にお聞きしようと思ったが、その前に「見開き 描き方」で調べてみたら・・・普通にあった。

描き方を解説してくださっているサイトがいくつか。(当時は見つからなかった)

 

どうやら正規の方法は、上記で説明した「切ってつなげて描く方法」らしいです。

ただ・・・この切る部分の位置がサイトによってちょっと違った。

 

 

他にもYouTubeで漫画家さんが、「原稿はそのまま切らずにつなげて描いてる。原稿をわざわざ切ってつなげて描く人なんて、私は見たことがない」と説明してもおられたので、どれが正解なのかはいまいちよくわからない。

 

 

しかもこれは雑誌社によって規定が違うらしいね。(あまり細かく考えなくていいのかな?)

なので、どの人も言われてるのが、

 

「見開きページの中央部分には、人物の顔やセリフを入れないこと」

 

見開きの失敗で有名なのが「BLEACH(ブリーチ)」のこれ。

 

 

週刊少年ジャンプの雑誌では、中央の顔がちゃんと見えるように印刷されていたのに、コミックスでは悲惨なことになっていた。

このことは「2ちゃんねる」でも話題になってて、私も当時はそれで知った。

 

ブリーチの見開きはカッコイイことで有名でもあるが、

 

 

 

ブリーチのコマはどれも大きい上に白の余白が多く、墨をベターっと塗ってるだけの部分も多いので、一部では「給料泥棒」とも言われてたらしい。

 

 

台湾人からもそう言われたらしい。

 

↑(これも見開き。)

 

「せっかち伯爵と時間どろぼう」という漫画にも、そのことがネタにされていた。

 

 

 

 

ちょっと話がそれたが、雑誌ではちゃんと見れるように印刷されてるのに、コミックスではおかしなことになってるということは、何もブリーチだけではないようだ。

 

 

 

 

・・・プロでもこのようになるようだ。

 

今回は読者の皆様の声を聞かずにもう結論を出すが、「見開きのページがちゃんと印刷されるか?」なんて問題はプロになって連載されるようになってから、担当編集者さんに会社の印刷規定を聞けばいい・・・ということですね。

 

何か補足とかあればまたコメントで教えていただけると嬉しいです。

それじゃ、今回はこのへんで終わります。

お疲れさまでした。

 

 


人気ブログランキング

 

次の記事「私は模写を舐めていた。模写の勉強もう一度し直します!」