前回の記事「契約・派遣社員を使い捨てする会社は必ず足元をすくわれる

 

過去の記事では、私が漫画家を目指していたときに描いた3作目の漫画を公開しました。

 

その漫画「私の3作目の漫画「生きていれば」 渡かいと

 

今回の記事から少し、その3作目を描いて気づいた点や、失敗したことなど語っていこうと思います。

 




 

主人公の外見は超重要

 

3作目の漫画は1、2作目の漫画を作り直したものです。

 

私は1作目を描いてはボツ。

練り直し。

 

2作目を描いてはボツ。

練り直し。

 

そして3作目でやっと完成させた。

だからこの3作目は1、2作目と内容が酷似している。

 

1作目「私の1作目の漫画「生きぬければ」 渡かいと

 

2作目「私の2作目の漫画「逝きますか?」 渡かいと

 

それで1作目と2作目の主人公のデザインはほとんど変わってない。

 

 

せいぜい服装をちょっと変えて、髪にツヤを入れたくらいだ。(いや、画像で比較して見るとけっこうちがうか?)

 

しかし3作目ではガラッと変えた。

 

 

今回はなぜ3作目では主人公のデザインを変えたのかをお話しします。

 

ハーレムアニメ、漫画、ゲームの謎

 

その前に一つ、皆さんに話したいことがあります。

 

私の友人で1人、萌えアニメ、萌え漫画大好きなやつがいる。

私はそっち方面の面白さはよくわからないが、その友人は頼みもしないのにそのアニメや漫画の面白さをよく語りだす。

私もそっち方面に目覚めてほしいのだろう。

たまにアニメも見せてくる。

 

で、それ系のアニメはだいたい主人公が女の子にモテてハーレム化するのが多い。

私はそれ系のアニメや漫画、ゲームについて昔からいろいろと疑問が湧く。

 

「なぜ、とくにスポーツとか一生懸命打ち込むものがあるわけでもなく、普通に生きてるだけの主人公がモテるのか?」

 

「なぜ、主人公のそばにいるイケメン親友キャラクターにヒロインたちはなびかないのか?」

 

 

は、今回置いといて・・・

 

主人公の設定でよくこんなのを目にした。

 

「今まで全然女の子にモテませんでした」

 

今回はこのことについての疑問。

 

主人公登場時、まず軽い自己紹介がナレーション形式で流れたりする。

 

「今まで全然女の子にモテなかった」

「年齢=彼女いない歴」

「今まで女の子とろくに話したこともない」

「手をつないだことならある。・・・学芸会とかで」

 

みたいな感じで今まで全然異性にモテませんでしたアピールが入る。

 

そんな主人公を見てまず最初に私が思うことは・・・

 

お前(主人公)、けっこうイケメンじゃね?

 

普通にイケメンだったりする場合が多い気がする。

 

髪型もキメてて清潔感があったり、ボサボサの頭で目つきの鋭い主人公も多いが、けっしてブサイクではない。

むしろイケメン部類。

 

お前・・・ホンマに今までモテへんかったんか?

 

 

まぁ、外見がそこそこ良いからって必ずしもモテるわけではないわな。

大切なのは女の子とのコミュニケーション能力。

女の子との自然なトークができないと、仮にチャンスができたとしても女の子を失望させてしまうことになる。

この外見で全然モテなかったということは・・・きっと主人公は極度のコミュ障(コミュニケーション障害)なのだろう。

 

そう思ったのだが・・・

 

なぜそれでモテなかった?

 

そんな(自称)モテない主人公はアニメやマンガでの物語が始まると、まずヒロインと接点ができる。

 

異世界に行って出会ったりとか、何か部活に勧誘されたりとか。

 

そこでコミュ障っぷりを発揮するのかと思いきや・・・

「あ・・・あの・・・お、俺・・・ ・・・いや、何でもないです・・・。」

みたいに自分の意思も伝えることができないのかと思いきや・・・

 

「あの・・・ここはどこなんでしょう?」

「俺、〇〇(名前)っていいます。」

 

異世界の美女を前にナチュラルに質問、自己紹介。

 

部活に強引に誘われても

 

「で? どんな部活なんだよ?」

「俺はまだ入るとは決めてねーぞ!」

 

ちょっとぶっきらぼうながらも、ちゃんと喋ることはできていたり・・・。

 

他にも部活の先輩女子にはちゃんと敬語でしゃべったりの礼儀をわきまえたり、後輩女子にはまるで優しい兄のように語りかけるようになったり・・・。

さらには顔見知りな女子には臆することなくこちらから話しかけるという高難易度なことも自然にやってのける。

 

「〇〇(名前)ちゃん、今帰り? よかったら一緒に帰らない?」

「〇〇さん、どうしたんですか? ボーっとしちゃって。」

 

 

お前モテない時期にもその調子で女の子に話しかければよかったじゃねーか!

 

 

決め手には

「〇〇はその髪型のほうが可愛いと思うぞ?」

「〇〇ちゃん可愛いからクラスの男子からモテるんじゃない?」

 

美しく、自然に、ナチュラルに女の子を褒めやがる!

 

だから私はいつも思う。

 

お前今までホンマに女の子にモテへんかったんか!?

 

・・・と。

(「彼女はオレからはなれない」ってゲームがまさにそんな感じだった。)

 

 

私も同じことしてた

 

で、話を戻すが私の1、2、3作目の漫画はすべて主人公が自殺しようとするところから物語は始まる。

 

自殺の動機は

「恋人がいない」「彼女ができない」「孤独」

そんな空気のような存在感のない自分の人生に嫌気がさし、自殺を図ろうというもの。(ありがち)

 

で、そんな誰からも相手にされない主人公の外見はというと・・・

 

 

1作目、2作目共に悪くない。

けっしてブサイクという外見はしていない。

自分の絵に対して言うのもアレだが、むしろ可愛げのある顔をしているのでモテてもおかしくはなさそうな外見をしている。

 

性格だって、しゃべり方だって、キモイとかそんなことはない。

 

なのに孤独。

彼女ができない。

友達もいない。

 

 

・・・おかしくない?

 

これでは私が内心バカにしていた「(自称)モテない主人公・謎ハーレム仕様」と同じではないか。

主人公の自殺の動機にだって説得力を感じないんだよこれじゃあ。

 

だから私は3作目で主人公を変えようと思った。

ブサイクでちょっといけ好かないやつに。

その結果、できたのがコイツ。

 

 

顔も無骨な感じにして、一人称を「僕→俺」に変えた。

本当はもっとブサイクにしようと思ったんだけど、ブサイクキャラって描くの難しいんだよね。

この頃の私はこれが限界。

 

で、この主人公で3作目を描いててよーくわかった。

なぜ多くの作者やアニメ監督が主人公をブサメン、コミュ障の「リアルなモテない男」にしないのかを。

 




 

人は見た目

 

ハッキリ言って私はこの主人公、好きじゃない。

 

 

外見的にもなんかね・・・好きになれない。

もしこの主人公を使って別の漫画を描けと言われたら私は必ずこの主人公のデザインを変える。

 

「人は見た目ではない」とよくいう人がいるが、残念ながら人は果てしなく見た目だ。

見た目が良い、親しみやすそうな外見をしてる人には人が集まりやすい。

そんな人は一人でいても誰かしら気にかけてくれるのでボッチにはなりにくい。

 

反面、見た目が悪い、親しみにくい外見をしてる人は人が寄ってこない。

何もしなければ自然とボッチだし、何かしてもウザがられる場合も多い。

 

読者には「好きな絵柄、嫌いな絵柄」と好みがあるように、「好きな外見、嫌いな外見」あるのは当然。

だから好かれなさそうな外見してる主人公の漫画なんて誰も読みたがらんのよ。

酷なこと言ってるけどさ・・・。

 

そして作者自身もそんな主人公を描いてて物語を進めても、いまいちノッてこないのよ。

 

まぁこんなことはちょっと考えればわかることかもしれないが、実際描いてみて・・・主人公の外見が好かんとここまで漫画自体描く気が失せるものなのかと3作目描いてて痛感した。

 

コミュ障の主人公とか・・・無理

 

それと、これも言うまでもなことかもしれないけど、実際にコミュ障の主人公なんかで漫画描いたら大変なことになる。

 

たとえばヒロインが主人公をいろいろ気にかけてくれたとして・・・

 

 

 

話進まんわっ!

 

こんなんじゃヒロインが主人公を押し倒しでもしない限り一生2人の関係に進展はないわっ!

 

 

「ジョジョ第4部」の岸辺露伴先生が、漫画にはリアリティが必要だと言っていた。

 

 

私もそれはとても大切だと思う。

しかし時にリアリティは物語を進める足かせにもなるかもしれないと・・・つくづくそう思った。

 

 

え~と・・・なんか今回の記事、話が地味に脱線してるような・・・?

「つまり・・・何が言いたいの?」ってなってない?

大丈夫?

 

ちょっとこの記事のまとめに入ります。

 

つまり私が言いたいことは・・・

 

主人公の設定が「今までの人生モテなかった」でも、外見がイケメンでとくにコミュ障とかでもないのは作者側にとっても、製作者側にとってもいろいろと理由があるということ。

 

それとこれから漫画を描こうという人は、主人公をブサイクにする必要があるなら絶対に愛着の湧く外見したブサイクにしろということ。

 

 

以上。

 

終わり。

 

おつかれ。

 


 


人気ブログランキング

 

次の記事「ネームをその日の気分で変えるな!キャラクターがおかしくなる!」