私は24歳頃から漫画家を目標とし、絵の上達のために5年以上模写を続けた。どういうふうに模写していたかを前回の記事で書いたわけだが、

前回の記事「絵が上手くなるためには模写だ!そう信じ模写を続けた5年間

 

その記事の最後で「模写には大きな落とし穴がある」と書いた。今回の記事ではその落とし穴がなんなのかを記していこうと思う。

 




 

模写で上達するのは・・・

 

絵の勉強のために模写をする人は多い。

「漫画家になる!」「アニメーターになる!」「イラストレーターになる!」

絵を描く仕事を目標とし、「絵が上達するためには模写だ!」

そう信じ、必死で模写しつづける人は多い。

しかし私はそんな人たちにハッキリとこう言わせてもらいます。

模写をすれば上手くなりますよ。・・・模写が。

 

・・・・

 

もう1度言います。

模写はすればするほど上手くなりますよ。・・・模写が!

・・・・

 

つまり模写をすればするほど上達するのはコピー機のように絵を真似する「模写」が上手くなるのであって、漫画家やアニメーターのような職業に必要な「自分で考えて描く力」は身につかないということだ。

まったく身につかないとは言わない。しかし模写ばかりでは微々たるものしか身につかないのだ。

 

これが私が5年以上模写しつづけた結論だ。

 

嘘だ!!

 

・・・信じられないかな? では少し私自身の話をしよう。

 

模写ばかりしていた私の漫画の絵は・・・

 

私は絵が上手くなりたかった。そして上手い絵で思う存分漫画を描きたかった。

「絵は模写することで上手くなる!」私はそう信じ、ほぼ毎日のように模写をつづけた。

最初はひどい絵で、私のやる気をそいだものだが模写は日に日に上達していき2年後には私の模写はそこそこのレベルになっていた。

・・・人物だけだけど。(私は背景を描くのは大嫌いだったので人物ばかり描いていた。だから背景はヘタクソ。)

 

私は漫画家を31歳で諦めたわけだが、諦めようと決めた際に模写した絵は全部捨てたと思っていたけど少しだけ残っていたのでお見せします。

 

模写1

 

これがたしか模写して3年目くらいになる私の絵だ。

これぐらいになると模写も慣れたものでサッサカサーとすぐに描けてしまう。(人物は)

いろんな構図やポーズの人間を描きまくっていたのでどんな構図もポーズも模写できた。(人物は)

 

こうなると私は模写に対してはずいぶんと自信をつけたものだった。「俺、超上手くなってね?」・・・と。

 

さぁ~て、ここから恐怖のお時間だ。

模写に対してずいぶんと天狗になっている坊やはその後、絶望することになる。

私は「絵も上手くなってきたしそろそろ漫画を描くことに挑戦してみようか。」と思い、漫画を描くことに決めた。

漫画の描き方など身近に教えてくれる人がいないので全て手探りで描いてみたわけだが・・・

 

模写に対してかなりの自信をつけた私の最初の漫画の絵が・・・これだ!

 

漫画1

 

イヤぁーーーーー! なにコレーーーー! なにこのひどい絵ーーーーー!!

 

・・・・・

 

も・・・もう1度見せる。

これぐらい模写できる私の真の実力が・・・

 

模写2

 

これだ!!

 

漫画2

 

やめてーーーー! もうこのオッサンのライフはゼロよーーー!! 

 

・・・ど・・・どうだろう? 少しは私の言うことが信じてもらえたんじゃないだろうか。

あれが約3年間模写し続けた私の考えて描いた絵なのだ。

 

しかもあの絵はすんなり描けたわけではない。

かなり手こずって描いてアレなのだ!

手こずった原因は

「あれ? 横向きの人物ってどんな感じだったっけ?」

「あれ? 後ろ向きの人物ってどんな姿してたっけ?」

「あれれ? 手ってどういう形してたっけ?」

「服は?」「靴は?」

 

これがどんな構図もポーズも模写できると豪語した坊やの素の実力なのだ。まるで痴呆症のようではないか。

 

模写ばかりしていた私には・・・考えて描く力は身については・・・いなかったのだ。

 




 

考えて描かないと絵は上達しない

 

ではなぜ模写では考えて描く力は身につかないのだろうか?

数学でたとえると模写とは答えを見ながら数学の問題集を解くようなものなのだ。数学は頭を働かせて答えを導き出さなくてはならない。たとえば

158+291=

え~と・・・

チラッ(答えを見る)

449ね。 449っと・・・カキカキ(答えを書く)

 

このようにたいして考えもせず問題の答えを丸写ししてて数学が上達するだろうか? 無理だろう。 考えてないから。

 

絵もそうなのだ。

模写とはそこにある絵や写真(答え)を見ながらただ丸写ししているだけ。考えてはいない。

考えて描かなくてはダメなのだ。

「真正面の人間の形はこうだっけ?」

「手が物を掴むときって主にどの指で掴むんだ?」

「腕を上げると肩はどんな感じになるんだ?」

 

考えるんだ。考えて描くんだ。

そうすることではじめて絵は上達する。

 

私はそれをしなかった。何故しなかったか?

私は逃げたのだ。自分の絵から。自分の本当の実力から。

 

無理

 

模写して描いた絵は美しい。しかし考えて描いた絵は・・・

 

模写はすればするほど上達する。脳に障害とかもってる人じゃなければ全ての人が上達するだろう。

そして絵を上手く描けたときの感動といったら・・・ハンパではない。模写が上手い人ならわかるはず。

キレイに模写できた自分の絵を見たときって、なんていうか・・・うっとりしません?

鉛筆で、あるいはシャーペンで、キレイに模写できた自分の絵はとても美しく感じてしまうものだ。その絵はどんな名画にも勝る。(下の画像はお借りした画像です)

 

模写

 

「これ俺が描いたんだよな?」「俺こんなにキレイに描けるのか?」なんとも感動なのだ。

この感動は模写する人ならわかってくれるはず。

誰かに見せたくなりますよね?キレイに模写できた絵って。

だから模写した絵をYouTubeやTwitterなどに投稿する人の気持ちはよくわかる。

 

私は模写にとり憑かれた。いや、正確には模写した自分の絵に魅了されてしまった。

「俺はこんなにキレイに描ける!」「俺は絵が上手い!!」

しかし、模写せずに描く自分の絵はひどいものだった。模写しても模写してもひどいままだったのだ!

 

「模写って意味ないんじゃ・・・?」この考えは私をひどくゾッとさせた。

これだけ頑張ってやってる模写が意味ない? 時間の無駄? そんな馬鹿な!?

 

模写を初めて2年目くらいだったかな?模写で上手くなるのは模写。絵は考えて描かなくては上達しない。この結論に行き着いたのは。

いや、1年目くらいですでに気づいていたかもしれない。

 

しかし私はこの考えに蓋をして5年以上も模写を続けたのだ。なぜか?

 

えて描きたくなかったからだ! 考えて描いた自分のひどい絵を見たくなかったからだ!!

 

だってコレが!

 

模写3

 

コレだよ!?

 

IMG_20160306_112835[1]

 

この落差ハンパじゃないでしょ!?

私はなんとかこの楽で、簡単にできる模写で絵が上達しないものか?と、考えながら模写を続けたのだ。

 

・・・結局私の絵はこれ以上模写では上達しなかった。

それでも少しずつ上達したのは要所要所で漫画を描いていたからだろう。

私は最初の漫画を描いて以降、約2ヶ月間模写したら漫画を1作描いて、また2ヶ月くらい模写したら漫画を1作描くを繰り返しをしていた。

さすがに漫画は自分で考えて描かなくてはならない。この漫画を描くというのが1番私の絵を上達させていた気がする。

 

じゃあ模写って意味ないの?

この記事を読んで私の言うことを信じてくれた人はどれだけいるだろう?

模写で上手くなるのはあくまでも模写。絵は考えて描かなくてはならない。

「じゃあ私は模写なんかしないで自分で考えて描くことからはじめまぁーす!」

私の言うことを信じてくれた素直なキミにおじさんからもう一つ大切なアドバイスを贈ろう。

 

絵が上手くなるためにはまず初めは模写からはじめないといけない。

 

・・・は?

 

だってアンタ、模写で上手くなるのは模写だって・・・絵は考えて描かなきゃダメだって・・・。

うん。たしかにそう言った。

でもいきなり考えて描くことからはじめてはダメなんだ。それだけは絶対にダメ。逆に絵が下手になってしまう可能性がある。

まず最初は模写から始めなければならない理由があるんだ。その理由を次回の記事で・・・

 

おや? どうしたのかな?

あ、もしかしてイライラしてる?

ですよねー。こんなふうに少しずつ小出しにしていくような書き方だと読んでる方も「はよ結論からチャッチャと言えや!」ってなりますよね。すいません。

でも結論から書いた記事なんて絶対説得力ないですもん。まずは体験談からまじえないと。

 

いずれ絵の描き方や勉強の仕方を1つの記事にまとめて出しますんでどうかご勘弁を。

 

1つの記事にまとめました「絵が上手くなるための方法がこれだ!絵が上達するベストな勉強法!

 

今回も長文お読みいただきありがとうございました。それでは皆さん次回の記事もぜひ読んでくださいね。それでは。

 

 

ドナルド1

ドナルド2

ドナルド3

ドナルド4

ドナルド5

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「絵の練習、勉強は模写から!絵の歪み、デッサンの狂いがわかる目を