前回の記事「Googleのペナルティを解除するため、ニコニコ動画の外部リンクを消そうとするが…」

 

前々回からずっと続いてる記事です。

軽くあらすじを説明すると・・・

 

1.私のサイトがGoogleから自動ペナルティを受けた

2.検索順位が急下降。

3.原因を調べた結果、ニコニコ動画から大量の被リンクが来てることが判明

4.ニコニコ動画のリンクを消そうと思ったら失敗。消せなくなった

5.ニコニコ動画のサポートセンターに問い合わせ中 ⇐今ここ

 

 

詳しくは、この記事から読み進めてみてください。

Googleの自動ペナルティを受けて検索順位を下げられた話

 

動画を消してもデータは残る?

 

ニコニコ動画にある私の動画説明文のリンクを消そうと思ったのに、うっかり退会してしまって消せなくなった。

 

 

ニコニコ動画のサポートセンターに「動画を消して」と頼んだら、「動画のURL(sm~)を全部入力して送れ」と言われた。

めんどくさかったが、80ある私の動画URL全部入力して送るしかない。

しかし、ここでハッとした。

 

動画を消しても、動画説明文は残るんじゃないか?

 

私はニコニコ動画をほぼ毎日見てる。

だから何度か消されてしまった動画を見かけたことがある。

投稿した動画はニコニコ動画の運営がチェックしていて、規定にそぐわない動画や視聴者から通報を受けた動画は消される場合がある。

しかしそれらの動画は視聴できなくなるだけで、動画のページは存在し続けていた。

 

 

それって動画説明文も視聴者からは見れなくなってるけど、データとしては残ってるんじゃ・・・?

 

・・・残ってる可能性が高い。

 

もしそうなら、動画を消しても意味ないだろ。

私が消したいのは動画ではなく、動画説明文に存在するリンクがつながったURLなんだから。

だからってサポートセンターに「動画説明文にあるURLを消して」とお願いしても、そんな細かいお願い訊いてもらえないだろうし・・・。

 

だったらサポートセンターに「動画を消して」ではなく、「退会してログインできなくなったアカウントに再度ログインさせて」とお願いを変えた方がいいな。

そして自分で動画説明文を一つ一つ編集して消していった方がいい。

なのでサポートセンターにそうお願いしようと思ったが、ここでまたハッとした。

 

退会したアカウントに再度ログインって可能なのか?

 

それらの疑問について、サポートセンターにいちいち訊いても返信に時間がかかる。

それにその日は、サポートセンターの業務時刻の18:00を過ぎていた。

いくら訊いても、その日のうちの返信はもう来ない。

これは自分で調べてみた方が早いと、「ニコニコ動画 退会 ログイン」などで調べてみた。

すると、ニコニコヘルプにこんな記載が・・・

 

niconicoから退会したアカウントは復活できない仕様です。

再度アカウント新規登録を行えばniconicoをご利用いただけますが、退会済みアカウントの情報は、IDの数字・投稿動画・コミュニティ権限などを含め、全て引き継げません。

コミュニティオーナーの権限委譲をご希望されても運営側では対処できません。

何卒ご了承ください。

 

 

 

 

\(^o^)/オワタ

 

 

ちょっと待て!?

それじゃ赤の他人にパスワードとか解析されて、不正ログインから退会させられた場合はどうなるの?

それもアウト!?

 

マジかよ・・・。

YouTubeはアカウント削除しても30日間以内なら復帰できたのに・・・。

 

マジかよ・・・。

 

 

ちなみに退会したアカウントは復活できないということは、退会する時に注意書きとしてしっかり出るそうだ。

 

 

またしても気づいてなかった。

注意書きはちゃんと読めよ・・・。

 

 

動画を消しても動画説明文は・・・

 

再度ログインができないんなら、やっぱり動画を消してとお願いしてみるべきか?

動画を消したら動画説明文のデーターも消える可能性はあると思うし。

そのあたりのことについて、自分で少し調べてみた。

 

ちなみにこの時の私のいる場所は、家ではなく会社。

仕事が終わって従業員も上司も全員帰ってるのに、私だけ事務所に残ってタイムカードも切らずにスマホでガチャガチャやってる。

 

「ニコニコ動画 動画削除 動画説明文」などで調べてみた。

するとニコニコヘルプにこんな一文が・・・

 

動画は削除され視聴できない状態で、下記情報が表示されます。

 

・動画タイトル

動画説明文

・動画に投稿されたコメント

 

動画削除後に下記情報を編集することはできません。

編集が必要な場合、動画削除前におこなってください。

 

 

 

 

やっぱ残るぅ~~~ん\(^o^)/

 

 

動画を消してもダメ。

再度ログインもできない。

こりゃダメだ。

詰んだ。

 

サポートセンターに事情を説明し、「動画説明文を消してくれ」あるいは、「再度ログインさせてくれ」と頼みまくっても無理だろう。

彼らはしょせん受付にすぎない。

しかもメールで頼まないといけないから、しつこくお願いしても最終的には無視されて終わりだろう。

 

どうする?

一応、動画を消してもらってみるか?

もしかしたらURLは残っても、リンク機能は消滅するかもしれない。

 

そんな希望を携えて、80ある動画全部消してとお願いすることにした。

 

動画は消してもらったけど・・・

 

家に帰ってパソコンから私の動画のURL(sm)調べて、80のURL全部記入して送信。

 

 

次の日、こんな返信が。

 

niconicoお客様サポートです。

再度のご連絡をいただき恐縮です。

お客様サポート担当の〇〇(名前)です。

 

退会済みアカウントで投稿した動画の削除希望につきまして、ご連絡いただいた動画(80件)を削除いたしました。

恐れ入りますが、念のためお客様ご自身でも ご確認いただけると幸いです。

ご不便をおかけする部分もあるかと存じますが、今後はniconico退会前に ご自身での動画削除をお願いいたします。

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

すいません。

お手数かけました。

 

その後、「お客様サポートの評価をお願いします」というアンケートメールが来たので、高評価だったと返信しておいた。

 

私の動画をチェックしてみたところ、80ある動画は全て消えていた。

・・・が、次の日も次の日も、ニコニコ動画からの被リンクは消えてなかった。

 

 

やっぱ動画説明文のURL残ってる・・・。

やっぱリンク消えてない・・・。

これはもう完全に終わった。

私の動画の動画説明文は完全にブラックホール化して、手の届かないところから永遠にリンクをつなぎつづけるのだ・・・。

 

 

 

なんでニコニコ動画はこんな仕様にしたんだよ・・・。

なんで動画消してもデータ残るんだよ・・・。

 

と、このときはそう思ったが、こういった仕様はニコニコ動画だけでなく、ネット全体がこういった仕様っぽいということに最近気づいた。

気づいたきっかけは、Googleからの違反通告。

 

ここからちょっと話が変わるのだが、私はこの頃、別の問題にも頭を悩まされていた。

 

ポリシー違反メールが毎週来る

 

私はブログにGoogleの広告を貼らせてもらっている。

この広告は非常に便利で、ブログアフィリエイトやってる人間のほとんどが利用している。

だが、いろいろと規定が厳しい。

その規定を破ったサイト主には、Googleから違反通告(ポリシー違反)メールが来る。

この頃の私には、そのメールが毎週来ていた。

 

 

 

きっかけは『幕張』という漫画を紹介した記事。

 

 

この記事がGoogleから「アダルト」だと判断されたようで、「こんな記事にGoogleの広告貼ってんじゃねー!」とメールが来たのだ。

正直、この記事にはいずれ来るだろうなと思っていた。

だって記事のタイトルや記事中に「フ〇ラ」とか「オ〇ニー」とかの単語が入ってるんだもん。

そんな言葉を入れるのはどうかと思ったんだが、そういった内容の漫画なんだからしょうがない。

 

 

今までこういった違反通告メールは何回か来たことがある。

その都度、その記事に表示されているGoogleの広告を消すことで事なきを得ていた。

しかし今回は、記事ごと消すことにした。

元々たいして読まれてる記事ではないし、記事の内容も私的に出来が悪いと思っていたから。

紹介した『幕張』という漫画は1冊も買われなかったし・・・。

そのうえでGoogleから違反通告されたとなっては、残しといても得はないと、記事を削除することにしたのだ。

 

これで一安心かと思いきや、毎週Googleからポリシー違反メール来るのだ。

「makuhari(幕張)というURLの記事からGoogleの広告を消せ!」と・・・。

 

いや、記事消したんだけど・・・?

それで広告も消えてんじゃないの・・・?

ちょっと調べてみたところ、記事は消えているが、ネットには記事のデータが残っているようなのだ。

Googleはそのデータを認識して、ポリシー違反だと言い続けてくる。

 

皆さんはこんなページを見たことがないだろうか?

検索して出た記事を開いてみたら、「そのページは存在していません」などと出る表示。

 

 

これはサイト主がその記事を削除したけど、Googleネット上には残っていて、検索エンジンに表示され続けてる現象。

 

Googleは毎週「記事の広告を消せ」と言ってくる。

しかし記事自体消してしまった私からは、もうどうしようもなかった。

朝起きたら毎週Googleからポリシー違反メールが来ている。

いずれブログ自体に広告を載せることを禁止されるんじゃないかと、恐怖だった。

 

その後、いろいろ調べてGoogleに「URL削除申請」ということができると知って、それでなんとかなった。

とにかくいろいろ大変だった。

 

希望の光が

 

話を戻そう。

ニコニコ動画のリンクが消せなくなったが、何か別の方法があるはずだと思っていた。

それはニコニコ動画にリンクを消してもらう方法ではなく、Googleに「このリンクは間違いで貼られたリンクなんですよ」と、直接誤解を解く方法。

必ずあるはずだと思っていた。

だって世の中には、サイトを潰そうと働きかける人間がいっぱいいるんだもの。

 

「気に入らないやつのサイトを潰そう」

「ライバルサイトを潰そう」

 

そういったことに力を注ぐ人間がいっぱいいる。

そんな奴らに目をつけられて、大量のスパムリンクを貼られたサイトも多いと聞く。

そういったサイト主たちが、何か対処方法を知っているはずだ。

いろいろ調べてみた。

 

すると、「リンク否認」ということができるという情報を見つけた。

これはGoogleに「この貼られたリンクは怪しいリンクです」と、自ら申請してGoogleに対処してもらう方法。

私はそれを知り、さっそくリンク否認申請を行うことにした。

・・・ここからがまた大変だった。

 

次回でこの話を締めます。

 

 

次の記事「「リンク否認」で、自動ペナルティの原因となったリンクを否認した話」