模写が下手だと言われるのは悔しい。模写を鍛え直す理由

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧

私の模写はたしかに下手だ。下手な模写を多くの読者に下手だと言われても、それは仕方のないこと。むしろ彼らは気づかせてくれたのだ。それを感謝しなければならない。ならないが・・・やっぱり悔しい。私はやっぱり絵が上手くなりたい。そのためにもまずは模写から鍛え直す。

私は模写を舐めていた。模写の勉強もう一度し直します!

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 絵や漫画の描き方、上達法、描くコツなど

過去の記事で自分の描いた模写をさらし、まるで模写を極めたかのような発言をしたことで多くの批判コメントを頂いた。「下手くそすぎ!」「才能ない!」私は模写を舐めていた。模写は画力上達に必要なものではあるが、ある程度やったらもう必要ないものだと思っていた。「本当の模写とは何か?」それを気づかせてもらった話です。

漫画の見開きページは原稿用紙をどう使って描けばいいの?

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧 絵や漫画の描き方、上達法、描くコツなど

昔、漫画家を目指していた当時。「漫画の見開きページの描き方」がわからなかった。原稿を切って貼り合わせて描くやり方がいいとは思ったが、原稿を切ったり折ったりすることはいいのか?ちょっとわからなかったので、今回はそのことについての記事です。

ゲーム実況と、YouTube内での今後の活動について

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 YouTube、ニコニコ動画、ゲーム実況など

「フラグメンツ・ブルー、ゲーム実況」最後の記事です。NCHソフトウェアの「Wave Pad音声編集ソフト」を買ってのトラブル話や、「ローガン・ポール」の青木ヶ原樹海での騒動。今後のYouTube界をうれいた内容にもなっております。・・・長い記事です。

「フラグメンツ・ブルー」のゲーム実況中に起こったトラブル

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 YouTube、ニコニコ動画、ゲーム実況など

フラグメンツ・ブルーというゲームの実況中に様々なトラブルが起こった。PS2本体が壊れるわ、実況者の声を録音するソフト「Audacity(オーダシティ)」が頻繁に止まるわ・・・もうさんざんだった。やっぱりスペックの低いパソコンでゲーム実況するもんじゃないね。

「フラグメンツ・ブルー」のゲーム実況を始めて…無駄な散財

漫画家を諦めたあとの私の人生のブログ一覧 YouTube、ニコニコ動画、ゲーム実況など

「フラグメンツ・ブルー」というゲーム実況を始めたときのことについて語っていきたいと思います。今のご時世、もうゲーム実況なんてジャンルは時代遅れなのかもしれませんね。少しでも動画の質を上げるためにマイクやオーディオインターフェースを新調したんだけど・・・

「フラグメンツブルー」で極度の不眠症になってしまい・・・

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧 私のおすすめ漫画、本、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など

フラグメンツ・ブルーというゲームにハマって、妄想や考え事がひどくなった。そのせいか、夜寝る前にも妄想を始めてしまい、眠れなくなる。仕事も休まなければならないほどに眠れなくなり、体調もどんどん悪くなっていき・・・というような話です。

「フラグメンツ・ブルー」で気づく。私はロリコンだったのか…

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧 私のおすすめ漫画、本、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など

「フラグメンツ・ブルー」というゲームにハマりました。仕事そっちのけで徹夜でプレイし、クリア。クリアしたら即、2週目、3週目に突入。この時はヤバいくらいこのゲームしてました。そして・・・真綿というキャラクターが大好きになり・・・私はロリコンだったことに気づいた。ドン引き覚悟の記事です。

友人の買ったゲーム「フラグメンツ・ブルー」にハマってしまい…

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧 私のおすすめ漫画、本、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など

フラグメンツ・ブルーというゲームを友人が買った。友人がプレイするはずだったのに、退屈な序盤の展開に友人は寝てる始末。そのプレイを横で絵の模写をしながら見ていた私はいつの間にかそのゲームが気になってしまい・・・そんな感じで前回の記事の続きです。

「フラグメンツ・ブルー」というゲームの思い出語ります

漫画家を目指していたときの私の人生のブログ一覧 私のおすすめ漫画、本、アニメ、ゲームや思い出深い作品、作家など YouTube、ニコニコ動画、ゲーム実況など

私は「FRAGMENTS BLUE(フラグメンツ・ブルー)」というゲーム実況をしています。そのゲーム実況を終わりました。それを機に、このゲームについて語ります。今回はこのゲームとの出会いの話です。興味ないかもしれませんが、読んでもらえると嬉しいです。

ページの先頭へ