ほとんどの人が見ているYouTubeに動画を作って投稿しよう。そして私のブログの宣伝にしようと考えた。

今や超人気の「進撃の巨人」の紙芝居のような漫画動画をつくろうと考えた。が、

 

前回の記事「ユーチューブに動画を作って投稿しよう。何の動画を作ろうか?」

 




 

ペンタブレットと液晶ペンタブレット

 

動画のために絵を描こうと思ったが、私は紙にしか絵を描いたことがない。絵を動画にするためにもそろそろパソコンで絵を描くことにチャレンジしたい。

しかし、何が必要でどうやって描けばいいのかさっぱりだ。そういうのが詳しい人が身近にいればいいんだが残念ながらいない。結局自分で手探りで調べていくしかなさそうだ。

必要なのはパソコンはもちろんのこと、お絵かきソフトペンタブレット。

 

お絵かきソフトは当然有料のものがいいんだろうが、まずはパソコンで絵を描くというのを体験しようと思い無料のやつをインストールした。

どれがいいのかわからなかったがMedi Bang Paint Proというのが無料なうえ、漫画制作にも向いているというのでこれにしてみた。なにやら色々とできる。これで無料なのかと思うほどビックリな性能だ。

メディバンペイント

しかし色々できる分、使い方がさっぱりだ。レイヤーって何だ?

私にはデジタルで絵を描くための基礎知識がまったくなかった。なので専門用語もさっぱりだ。

まぁソフトはとりあえずこれでおいといて、次はペンタブレットだ。

調べてみたところwacomのペンタブレットが好評のようだ。そこでさっそく買ってきた。

wacom ペンタブレット


*注! ここから先、よく調べもしなかったオッサンがペンタブレットを買うとどうなるか。そして素晴らしいwacom製品に対する愚痴がまじってます。気分を害されたらすいません。


 

ペンタブレットをはじめて使ってみた感想

 

まず第一印象。「小っさ!描く部分小っさ!」

これにはサイズがあったのだ。SとM。私は知らずに小さいSを買ってしまった。

そしてセットしてさっそくペンを走らせてみた。即効で違和感を感じた。線が思ったところに全然引けない。っていうか線が動きすぎる。ちょっとペンタブ上でペンを動かしただけでパソコン画面では線がいっきに動く。なんじゃこりゃ?これはどういうことだ?

使ってみてだんだんわかってきた。

このペンタブレットの描く部分はパソコンの画面の大きさと対比が1:1で同じなのだ。

 

どういうことかというと、ペンタブレットで右端から左へ30%ペンを動かしたとする。するとパソコン画面でも左へパソコン画面の30%分線が引ける。パソコン画面での30%というのが肝だ。

ご覧のようにパソコン画面とペンタブレットでは大きさが全然違う。

ペンタブレットの大きさ

これではペンタブレットでペンをちょっと動かしただけでパソコン画面では線がいっきに動くのはあたりまえだ。

正直こんなんじゃとても描ける気がしない。このペンタブ評判悪いんじゃ・・・と思い、Amazonのレビューを読んでみたがほとんど高評価だ。

じゃあ私の使い方が悪いのかと思い、色々調べてみた。

で、このペンタブというのはマウス操作とは違い絶対座標という設定になっているらしい。

絶対座標

絶対座標はマウスとはちがいペンタブレットの操作エリアとパソコン画面が1:1で対応になっている。

ペンタブとパソコン画面が違えば違うほど描きにくいのはそのためだ。

一方マウスは相対座標というものになっている。

ペンタブもマウス同様に相対座標にならないか?と、設定をいじくっていたらできた。できはしたが・・・これはこれで超描きにくかった。なんかマウスより描きにくい。

 

それにペンタブはパソコン画面を見ながら手元にあるペンタブ上でペンを走らせるから普通の紙に描くように、手元を見ながら、ペン先を見ながら描けない。これもまた描きにくい理由の一つだ。

ペンタブと紙との比較

使っている人の意見を読んでみると最初は描きにくかったけど慣れると描きやすいようになったという意見がある反面、私同様に描きにくくてなげたという人も。

設定をカスタマイズして描きやすいように調整すれば描きやすくなるという意見があったので、設定を色々調整してはみたが・・・ダメだ。これは描けそうにない。

パソコンで絵を描いている人は皆これで描いてるの?と思いYouTubeで「描いてみた」で、検索。すると・・・

あれ?パソコンの画面に直接ペンを走らせてる?ノートパソコンの画面に直接ペン先当ててんの?私のペンタブと全然ちがう。

何これ?調べてみた。

 

液晶ペンタブレット?ペンタブレットとどう違うの?

 

プロの方のほとんどが使ってるのが液晶ペンタブレットのようだ。私の買ったペンタブレットとはちがい、画像の部分が紙のように直接描けるような仕様になっている。

液晶ペンタブレット

何これ。超欲しいんですけど。これなら描けそうだ。

調べてみたところやはりwacomの液晶ペンタブがオススメらしい。私が買ったペンタブもwacomのやつだが、絶対座標というのが(私には)描きにくかっただけでペンもスラスラ走ったし、線も途切れることなくスラスラ引けた。性能は間違いなく良かったのだ。使いこなせる人は絶対にいる。

 

 

だからwacomの液晶ペンタブはきっと描きやすいだろう。で?おいくら?

・・・やっぱり高いですね。

オススメなやつは安いやつでも10万。高いやつは20万近くする。

しかも液晶ペンタブはパソコンの周辺機器なので、パソコンに繋いでないと使えないらしい。

 

私は自分のパソコンを持っていない。兄のパソコンを使わせてもらってる。だから私の部屋にパソコンがないのだ。

自室で絵を描けないのはイタすぎる。パソコンは夜は使えないので仕事から帰って描くというのができないなら意味ないのだ。

それでパソコンから外して単機で使えるWindowsのOS搭載の液晶ペンタブに目をつけたがこれは20万以上!一番高いやつで30万以上!

っていうか種類が多すぎてどれがどんな性能でどういうことができて、どういうことができないのかわからん!

色々調べてるんだけどわかったようで・・・わからんようで。高い買い物だから間違えたくないんだけど・・・。それに買うとなぁ~貯金が吹っ飛ぶんだよなぁ~。もうすぐ車検だし。買えないこともないんだけど・・・。う~ん。

 

買った記事「ついに買った!ワコムの液晶ペンタブレットCintip Companion2

 

 

 

そこでちょっと考えた。

i padで液晶ペンタブのように描けないかしらん?

進撃の巨人

進撃の巨人

進撃の巨人

 




 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「ipadで液晶ペンタブのように絵が描けるか?描いてみた