あらすじ

漫画のネームができて、いよいよ私の記念すべき第1作目の漫画を原稿用紙に描こうと思ったが絵が思うように描けなかった。

模写ではあれだけ描けたのに、いざ自分で考えて絵を描くとなると全然描けない。

私は絵の勉強はずーっと模写ばかりやってきた。

自分で考えたりイメージしたりして絵を描いたりはほとんどしなかった。

やっぱり絵は自分で考えて描かないと成長しないんだ・・・。

みたいなことを前回の記事で書きました。

 

前回の記事「初めての漫画の下書き。やっぱり模写じゃ絵は上手くならないんだ

 

しかしせっかく作ったストーリーなんで人物デッサン本やファッション雑誌などを引っぱり出してそれを参考にしながら漫画の下書き作業をつづけたわけですが、実際に原稿用紙に漫画を描くことで漫画を描く難しさを痛感することになったのです。

回の記事では私が痛感した「パース」を利用した絵を描くことの難しさについて語っていこうと思います。

 




 

実際に描いてみないとわからない「パース」の難しさ

 

漫画を描くうえで絶対に無視できないのが「パース」です。

漫画家を目指している人はほとんどの人がパースというのを少しは勉強したことがあるでしょう。

1点透視、2点透視、3点透視などのアレです。

しかしわからない人も多いと思うのでちょっと説明します。

 

私たちは絵を描くとき、1枚の白い紙に絵を描きます。

そして私たちはその白い紙に1つの世界を描くのです。

その世界には地面を描いてもいい。空を描いてもいい。家を描いてもいい。車を描いてもいい。何を描いてもいいのです。

そして描いてるうちにその白い紙にはどんどん世界が出来上がっていきます。

しかし何を描いてもいい分、何から描けばいいのか? そして何をどこに描けばいいのか悩みます。

人間の目から見て違和感の感じない絵を描くのは難しいのです。

なのでこの白い紙に1つの空間を作ってあげるのです。それがパースです。

 

パース

 

パースを取ることでその白い世界には1つの空間ができ、目安ができます。

その目安を作ることで、物や人間などを描く場合「どのあたりに描くと違和感なく描けるか?」がわかります。

何かを描くときその配置や大きさ、距離感に悩まなくて済むのです。(実際はそれでも悩むんですけど)

 

と、まぁこんな風に文章で説明しても「う~ん? わかるようなわからないような・・・。」ですよね。

私はパースを勉強するとき何冊かパースの本を買って読んでみました。そして読んだだけでもう理解した気になっちゃったんですよね。

 

 

なんかすごく簡単そうに感じたんですよ。「・・・なるほど。もう完璧。もうマスターした。」って感じで。

本を読んだだけでもうそれでパースを使いこなせる気満々だったんですよね。

実際に漫画を描くまでは・・・。

 

その難しさをちょっと説明

 

たとえば室内を描くとき、白い紙のどこに家具やキャラクターを描くかで悩みます。

横から見たアングルの場合は簡単です。

 

横からのアングル

 

こんな感じで描いてOKです。

見やすいし、違和感もとくに感じません。(奥行きは無視してますが)

では、これをちょっと視点を変えて描いてみましょう。

 

やぁ

 

手前の「やぁ」と挨拶してる人は描きました。

・・・ここでこれを読んでくれてる人もちょっと描いてみてほしいんです。(液晶画面に描けるわけないんでイメージで)

奥にいる「オッス」と挨拶してる人・・・あなたならどのあたりに描きます?

この白い空間のどこに描く?

 

小さい

 

小さくない?(スマホで見た場合あんまり違和感を感じなかった)

 

デカい

 

大きくない?

 

浮いてる

 

浮いてない?

 

埋まってる

 

埋まってない?

 

実際に描いてくれた人は違和感なく描けたでしょうか?

さっきのはちょっと大げさに描きましたがパースを理解してない状態で描くと微妙~に違和感を感じる絵になることが多いんです。

しかもさっきのはたった2人の人間を例にして描いたんでパースを理解してない人も感覚で違和感なく描けるかもしれませんが、あれが3人、4人と描かないといけなかったら?

しかもその人たちは皆それぞれに身長が違ったら?

さらに家具や窓などの背景まで描かないといけなかったら?

あなたはこの白い空間の

 

白い空間

 

どこに描く?

 

漫画とイラストは違う

 

これが漫画を描くということなんです。やはり漫画はイラストとは違います。

 

車

 

こういう風に1つの絵として描くのは描き慣れたものなら特に難しくはないんです。

なぜならこの絵には地面がないから。

空もないし、奥にも手前にも何もありません。

こういう白い空間にポツンと1つのものを描くのはそんなに難しいものではないのです。

しかし1つの空間に複数のものを描くとなると途端に難しくなります。

その位置取り、大きさ、距離感、角度、アングル。

それらが少しでもズレたり、大きさや高さを誤って描くと、途端に違和感の感じる絵になってしまうのです。

この難しさを言葉で説明しても漫画を実際に描いたことない人はよくわからないと思います。

しかし漫画を実際に描いたことある人は私の言うことにうなずいてくれる人も多いんじゃないでしょうか。

 




 

実際に漫画を描きはじめて

 

実際に漫画を描くまではパースを意識して絵を描いたことなんかありませんでしたが、パースのことは一応勉強してはいました。

1点透視。2点透視。3点透視。アイレベルなど。

どんなものか知っていたし、理解もしていたつもりです。

しかしいざパースを利用して漫画を描いてみると「アレ?」ってなりました。

だってコマの中にパースを取ろうと思って消失点つけようと思ったらコマから・・・というか原稿用紙からはみ出るんですもん。遥かに。

途方もない位置に消失点をうたないといけないんです。このように。

 

消失点

 

パースの本を読んで消失点のことは理解できたつもりでしたが、いざ原稿用紙にパースを取ろうと思ったら「原稿から遥かにはみ出るじゃん。・・・どうやって取ればいいんだ?」と、途方にくれました。

だから私の1作目の漫画のパースはテキトーです。

テキトーっていうか・・・感覚で取ってました。

1作目の漫画は背景が室内ではなく外でした。

描かなくてはならないのは不規則に生えている草や木。そして描くのがそんなに難しくない崖や海でした。

 

原稿

 

ある程度ごまかせて描けてると思います。(ヘタクソだけど)

これが規則性のある形や位置に存在する建築物や家具などだとパースに合ってないものはとても目立つのでこうはいかなかったと思います。

 

私はプロの現場を見たことがない

 

昔から気になっていたことがあるんですが、背景描くときってアシスタントの人はすべてのコマの背景の消失点を正確にうってパース取って背景描いてるんでしょうか?

パースを取ってるとしたら原稿からはみ出る消失点をどうやって取っているんでしょうか?

今はデジタルで描いてる人も多いでしょうがデジタルだと簡単です。

しかしアナログで描いてる人はどうやって描いてるんでしょう?

画びょうに紐を結んで消失点から引っ張ってくるやり方と、原稿用紙に紙を何枚もつなげてその紙の先に消失点をうつやり方はやったことがあるんですが・・・これだとスペースが必要ですし・・・。

 

漫画「バクマン」のアシスタントの中井さんは「複雑なパースかかってる背景をささっとフリーハンドで下描きしてペン入れで定規使ってビシッと決めてる」と書いてありましたが

 

中井さん

 

これはもう感覚でパースを取ってるということなんでしょうか?

プロのアシスタントの人ってこんなとんでもない技術をもってるのでしょうか?

 

 

私は漫画家を諦めた身ではありますが1つ心残りがあるんですよね。

それはプロの現場を一度も見たことがないということなんです。

私はアシスタント経験がありません。

漫画家の専門学校とかも通っていたわけではありません。

私の漫画の技術は漫画の解説本から得た知識と独学から得たものです。

今は「漫勉」っていう漫画家の仕事風景を撮影している番組やってますよね。

 

漫勉

 

あれすごく勉強になって面白いです。(できれば私が漫画家を目指しているときに放送してほしかった。)

ですがアシスタントさんの仕事ぶりを放送してくれている番組とかってまったくないんですよね。

動画も探しましたがほとんどデジタルで描いてるのばっかりでしたし・・・。

なのでアシスタントさんの仕事ぶりがすごく気になります。

背景ってどうやって描いてるんでしょうか?

そして背景にもよるでしょうがだいたいどれくらいの時間をかけて描いてるものなんでしょうか?

私は背景が下手くそなのですごく気になるんですよね。

 

今回の記事はここまでにします。

今回はパースの難しさについて書きましたが、私が実際に漫画を描いて漫画を原稿に描くのって難しいなと感じた点はまだまだあるんですよね。

次回もその感じた点について書いていきますのでよろしければまた見てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事で会いましょう。

 


 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「漫画のコマの中に絵を描くのって難しい!描きにくすぎるよ!」