前回の記事「このブログで公開している私が過去に描いたエロ漫画を消します

 

私は過去に漫画家を目指していた時期があり、実際に何作か漫画も描きました。

そのときのことは、このブログで記事にして語らせていただいてます。

今では多くの方々が読んでくださり、漫画家志望の方にとっては参考になるブログになりつつあるんじゃないかと思ってます。

 

ですが私自身、漫画の技術面において未だわからないことはいっぱいあります。

そこで今回のこの記事をトップページとし、私が漫画を描く上でわからなかったことを今後一つ、一つ、記事にして投稿していきたいと思います。

 

投稿した記事は今回のこの記事にリンクを貼っていきます。

 




 

わからないことシリーズ

 

私が漫画を描いてて「これはどうすればいいの?」「これはどういったやり方でやれば効率的なの?」というような、未だわかっていないことを今後、記事にして投稿していきます。

 

投稿した記事はここのスペースにその記事のリンクを貼っていきます。

 

「漫画描いての疑問「このインクの濃さで印刷にちゃんと写るの?」」

 

「ホワイトとスクリーントーンが重なった部分は印刷にきれいに写るの?」

 

「スクリーントーンの2枚重ねでわからないことがあるんだけど…」

 

「剥がれてしまうスクリーントーンにはどの程度メンディングテープを使う?」

 

「「雲形定規」や「楕円テンプレート定規」って使いこなせる?」

 

おまけ記事>「定規を使ってペンで線を引くとインクがにじむという方へ」

 

 

何の実績も得られなかった

 

なぜこんな企画(?)を立ち上げたかについて少しお話しします。

 

まず先に言っておきますが、私の持ってる漫画の技術はたいしたことありません。

謙遜ではなく本当に。

 

このブログを読んだ漫画家志望の方で、もしかしたら私のことを尊敬のまなざしで見てくれてる人もいる・・・かもしれない。

そんな人たちには申し訳ないのですが、私は漫画家として何の実績も挙げられなかった人間なんです。

 

本っ当に何も。

 

私は漫画家を目指していた時期に何作か漫画を描いて雑誌の「新人漫画賞」に応募しましたが、一つとして賞をとることができませんでした。

なので私の漫画が雑誌にちゃんとした大きさで印刷されたことはありません。

 

それどころか私は雑誌の編集者の人に会ったことすらありません。

「持ち込み」というものをしたことがないんです。

 

私は地方に住んでおり、当時は無職でお金もありませんでしたから東京なんてとても行けませんでした。

それに私は極度のビビりなので、「東京こわ~い。」「地下鉄こわ~い。」「編集の人に会うのこわ~い。」てな理由で持ち込みを一切しませんでした。

このブログにコメントで「持ち込みをして編集の人に漫画をボロクソに叩かれちゃいました~(涙)」なんてことを何人かの人が言われましたが、私から言わせれば持ち込みをした時点で私なんかよりよっぽどすごいですよと言いたい。

 

逆に私の方がそんな方々に聞きたいです。

 

「編集者ってどんな人だった?」

「雑誌社ってどんな感じだった?」

「受け付けはどんな感じで行われた?」

「待合室は?」

「編集の人とどんな話をした?」

「どんなふうにボロクソ言われた?」

 

その程度のことすらわからない私がブログでえらそーに漫画の描き方なんて語るのはおこがましい・・・とは思ってないのですが、(語るは自由)

まずね・・・先に知っといてもらいたくなったんですよ。

私の実績の無さを。

 

漫画はすべて独学

 

私は漫画をすべて一人、独学で学んで描いてきました。

私の周りに漫画を描ける人なんていませんでしたから、漫画の描き方について疑問に思ったことがあっても誰にも聞けませんでした。

 

もちろん「漫画の描き方」の本は何冊か買って読んではいたんですが、それらの本は本当に基本的なことしか書いてないんですよ。(私が見た限りでは)

とくに「スクリーントーンの貼り方」については「トーンは・・・載せて、切って、こすって貼りつけるんだよ。」的なことしか書いてなくて・・・。

 

それはわかるんだけどさぁ・・・もっとさぁ・・・2枚重ね貼りのテクニックとかさぁ・・・夕焼け雲の貼り方とかさぁ・・・。

 

色々かゆいところに手が届かなかったんです。

 

 

よく「漫画の専門学校は行く意味あるんですか? 行った方がいいですか?」という質問をネットや現役漫画家さんに投げかけてる人がいますが、独学で学んできた私が答えるとしたら「行けるのなら行った方がいい。」と答えます。

 

高いお金払って、肝心の授業内容は「基本的なことを教えて、あとはほとんど各自漫画を描く自習」と、通ってた人が言ってましたが、実際に漫画を描き始めたらわからないことはポンポン湧いてきます。

その疑問を聞いたら答えられる先生が近くにいる。

そんな環境下で漫画を描けるのなら、入学金100万くらいは惜しくない・・・かもよ?

 

私みたいにその都度疑問にぶつかって、その疑問を氷解させるのに多くの時間を使うくらいならね。

 

 

ご教授願います

 

というわけで、私の知ってる漫画の技術なんてたかがしれてます。

 

世の中には連載したはいいが、たった10週で打ち切りになってその後、漫画界から姿を消した漫画家さんがいますが、私から見れば連載にまでもっていっただけで尊敬です。

もしかしたらそんな方々が私のブログを見てくれるかもしれない。

今も現役で漫画を描いてる人が見てくれてるかもしれない。

そんな方々に是非、教えてほしいんです。

私の疑問を。

 

今後、漫画の技術において私のわからなかったことを『わからないことシリーズ』とし、記事にしていきます。

もしもその疑問に対しわかる方がいらっしゃるなら、コメントで教えてくださると嬉しいです。

そのコメント欄は漫画家志望の読者の方も読まれると思うので、きっといろんな人の役に立つとも思います。

 

まぁ、私の疑問は「アナログでの漫画の描き方」の疑問ばかりなので、デジタルで漫画を描いてる人には関係ないかもしれませんが・・・。

「そんなことも知らないの?」的なことばかりだと思いますが、どうかよろしくお願いします。

 

渡 かいと

 




 


人気ブログランキング

 

次の記事「漫画描いての疑問「このインクの濃さで印刷にちゃんと写るの?」」