面接官の人に散々無視されていたのに1次面接に合格した私です。

 

漫画家を目指しながら5年以上無職をしていましたが、そろそろ金銭的にも環境的にも限界にきてしまい漫画家をあきらめ働くことに。

2次面接の話になります。

前回の記事「コミュニケーション(コミュ力)を鍛えよう!面接でいかせ!」

 




 

まずは簡単なテスト。筆記ではなく組み立てなど

 

工場での仕事なので指先の器用さは当然チェックされる点だろう。しかしそこは・・・ふふっ

長年漫画なんか描いてる私は器用さには少し自信があった。時間以内に正確にできた。通常より早くできたみたいで褒めてもらえた。

おじさんちょっと嬉しかった。

 

そしてビルの2階へ。最終面接だと。

へ?今のが2次面接? あぁそうですか。

招きいれられた。

 

あ。 この人たち覚えてる。私を無視してた面接官の人たち。

「あ! 髪切ったんだ。」

私「あ、はい。」

相変わらずのなさけない私の受け答えだが向こうは笑顔で迎えいれてくれた。やはりあの髪の長さでの面接は向こうの癇に障ってたのだろう。

切ったことによって、向こうへのつかみはOKのようだ。

 

今度は面接者は私だけ。面接官は2人の1:2だ

 

履歴書を見ながら私の経歴についてアレコレきかれる。

私の転職数にはむこうも辟易しているのではないだろうか?

大丈夫。私が転職した10社以上の会社すべてを履歴書にかいたわけではない。(全部書いたら履歴書が3枚になってしまう)

 

あまりに短くしか働いてない会社名は省かせてもらった。職安の人もそうした方がいいと言ってくれたので(職歴詐欺にはならないよな?)

それでもかいた会社名は7、8社にもなったが・・・。

それ以上いけない

 

私の職歴について色々きかれる。

 

この会社ではどんな仕事を? なぜ辞めた? 辞めた後のこの期間は何をしてた?

さすが面接の場数をふんできた私だ。けっこうスラスラ答えられているぞ。

 

「〇△の会社ではどんな仕事をしてましたか?」

私「〇△の会社・・・?」

 

私、超痛恨のミス!! 自分の働いていた会社について忘れる!!

 

え? どういうことだって? 言葉どうりの意味ですよ? だって10社以上の会社で働いてたんですよ? 似たような会社名も多いし。忘れちゃうことだってありますよ。

え? 今日の面接の予行練習?

 

してないですよ?

面接はいつだってぶっつけ本番ですよNE!

 

・・・はい。前回の記事で自分の愚かさを学び、責任ある大人になると誓いました。・・・はい。あなたのおっしゃりたいことはよくわかっております。

ここで30年以上生きてきた私からひとつ。

 

人間そんな簡単には変われないんですよ?

 

・・・はい。クズです。

 

面接官とまどってます。「いや、ここに〇△会社って書いてあるよ?」

私「え~・・・ちょっ、ちょっとまってください・・・ね・・・。」 私もとまどってます。

「あ! そうでした! その会社では~で、~の仕事を」(もはやテキトー・・・。)

 

「すいません! ちょっと緊張しちゃって軽くパニックに。」

こういうときは笑えばなんとかなる。・・・気がする。

 

そして当然きかれる。「この5年以上の期間は何してたの?」

当然きかれることは想定してました。

そしてきかれたら素直に答えようと決めていました。

 

「はい・・・。夢を追ってました。」

「夢?」

「・・・漫画家・・・です。」

失笑されるかと思った。が、

「ほー。漫画家に。」

 

普通に話をきいてくれた。社交辞令かもしれないが。

あまり根掘り葉掘り聞かれることはなかったが、この歳になるまで夢を追っていたことを笑われることはなかった。ありがたかった。

大人のやさしさ

 

こうして最終面接を終えた

 

あとは受かるも落ちるも天にまかせよう。

やれるだけのことはやった。(練習してこなかっただろ)

しかし・・・

まさかあの病気がぶりかえすとは・・・。

 




 


人気ブログランキングへ

 

次の記事「眠りたいのに眠れない不眠症。頭おかしくなりますよアレは